日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPコラム自分らしい住まいのカタチ

自分らしい住まいのカタチ

快適で自分らしい暮らしを実現するために、工夫を凝らした住まいの実例を紹介します。間取りや素材、インテリアなど施主のこだわりポイントはさまざま。理想の住まいづくりのヒントがきっと見つかるはずです。

緑豊かな屋上は第2のリビング

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


ゆったりとしたソファセットを置いた屋上は、まるでリゾート施設のよう。日陰を作るタープは設計事務所がデザイン。強風に耐えられるよう頑丈に作ってある

●東京都・Iさん
家族構成/夫、妻、子ども2人、親夫妻


屋上にソファセットやキッチンを設置

 公園に近い、静かな住宅街の一角に建つI邸。3階建ての二世帯住宅という建物の高さを生かし、見晴らしの良い屋上庭園を造りました。


 子ども部屋まで目が届く間取りのLDKを希望するなど、家づくりにおいて家族間のコミュニケーションを重視していたIさんご夫妻。屋上も家族がリラックスして過ごせる場となるよう“第2のリビング”としての役割を持たせ、ソファセットや屋外用キッチンを設置しました。オリジナルデザインのソファやクッションは、屋外に置くことを考慮し、腐食しない化学繊維のものを採用しています。家族で食事したり、来客時にパーティーを開いたり、ときにはのんびりと読書をしたり……と、理想通りの空間となりました。


 屋上には植栽を施し、四季折々の草花が見られるのも楽しみ。一部は家庭菜園用のスペースになっており、毎年いろいろな野菜や果物に挑戦しています。さらにデッキの北側には水盆があり、涼しげな水面が豊かな緑を引き立て、心地良さを高めます。


中庭を設けて採光を確保

 一方、建物内部ではプライバシーを確保しつつ採光を得るために、3フロアを貫く中庭を設けました。シンボルツリーには高さ5メートルのモミジを植樹。上階まで枝をのばし、リビングからもみずみずしい緑を眺めることができます。


 大空をのぞむ屋上庭園がシンボルになったこの家を、ご主人は「スカイガーデンハウス」と命名。緑や風を感じながら心地良く過ごせる屋上を、夏は“スカイビアガーデン”として満喫しています。


>> 奥行き感のある緑の眺めが楽しめる/うるおいのある景色を生み出す水盆


  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく



バックナンバー

住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について