日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPコラム月例マンション動向(首都圏)

月例マンション動向(首都圏)

不動産情報サービスのマーキュリーによる、1都3県のマンション供給予想・実績データと分析。

大規模早期完売物件の共通項・2014年3月の実績

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


 不動産情報サービスのマーキュリーの調べでは、2014年3月の首都圏新築マンション供給戸数は5706戸、前年同月比2.7%減だった。


 地域別供給戸数は、東京23区2056戸(シェア36%)、横浜・川崎1313戸(23%)、千葉県715戸(13%)、埼玉県560戸(10%)、東京都下536戸(9%)、神奈川県下526戸(9%)。


 首都圏全体の初月申込率は85.7%で先月までの70%前後の水準から一転、80%を上回った。地域別では、神奈川県下93%、埼玉県89%、東京都下88%、東京23区85%、千葉県85%、横浜・川崎83%。横浜・川崎以外の全エリアで85%を上回った結果だ。


 平均坪単価は全体で236.5万円(前月225.2万円)と前月比プラス5%。平均価格は5072万円(前月4970万円)でプラス2%、平均面積は70.88平方メートル(前月72.98平方メートル)でマイナス3%。



 今月の駅別供給戸数ランキング2位の新宿御苑駅での供給の大半は、以前にも紹介した「トミヒサクロス(総戸数1093戸)」の最終期分譲によるものだが、4月18日時点ですでに全戸完売に至っているという。総販売戸数1000戸近くを約6カ月で売り切ったことになるが、早期完売に至る物件とはどのような物件なのか過去に遡ってみたい。


 「トミヒサクロス」と同様、総戸数1000戸を超える大規模マンションで完売までの期間が6カ月以内(※)の物件は2000年以降「トミヒサクロス」を除き3物件ある。


「東京ツインパークス」(汐留駅 総戸数:1000戸 販売:2000年)
「Wコンフォートタワーズ」(辰巳駅 総戸数:1149戸 販売:2002年)
「アーバンドックパークシティ豊洲」(豊洲駅 総戸数1481戸 販売:2006年)


 「東京ツインパークス」は汐留~浜松町エリアの再開発物件として供給された湾岸エリアのタワーマンションの先駆けともいえる物件。「Wコンフォートタワーズ」は東雲エリアの再開発「東雲キャナルコート」における最初の分譲マンション。「アーバンドックパークシティ豊洲」は物件名に記されている通り、石川島播磨重工のドック(造船所)跡地再開発として開発されたタワーマンション。再開発エリア内には「ららぽーと豊洲」も敷設されている。


 共通項として浮かび上がってきたのは、「大型再開発エリア内」「タワーマンション」であることに加え、各エリアの先駆け、ないし象徴的物件であることだ。


 免震や制震といった躯体面での安心感に加え、眺望やグレードの高い、充実の共用部など、タワーマンションならではのメリットはもちろん、再開発地区内における商業施設の充実、ランドマーク的ステータスもあるとなると、通常の物件と比べ得られるものは大きいし、販売が好調に推移するのもうなずける。


 結果論ではあるが、早期完売は需要が集中した結果であり、すなわち買い手にとって良いマンションだったということである。ただし総戸数1000戸以上に限定した話ではあるが「パークシティ豊洲」が販売開始された2006年から「トミヒサクロス」が販売開始された2013年まで7年近く経っている。言い換えれば7年に1度の物件とも言えるのである。


 “次のトミヒサクロス”はいつ供給されるのか。楽しみである。


※完売までの期間が6カ月以内…初回販売から最終期販売までの期間が183日以下かつ全ての期分けの初月申込率が100%の物件。マーキュリー調べ
※集計の数字は2014年4月18日時点のもの


■エリア別状況


(注)都心7区は、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区、豊島区を指す。

■市区別供給戸数上位20
順位市区供給戸数(戸)
1 東京都新宿区297
2 東京都中央区276
3 千葉県船橋市253
4 川崎市中原区251
5 神奈川県横須賀市231
6 東京都世田谷区205
7 さいたま市浦和区197
8 東京都足立区191
9 東京都渋谷区181
10 東京都江東区171
11 川崎市幸区164
12 東京都文京区145
13 川崎市高津区136
14 東京都調布市133
15 神奈川県茅ヶ崎市129
16 埼玉県越谷市126
17 千葉県習志野市124
18 東京都武蔵野市121
19 神奈川県厚木市118
20 横浜市神奈川区114
■駅別供給戸数上位20
順位 供給戸数(戸)
1 横須賀中央220
2 新宿御苑前204
3 勝どき201
4 武蔵小杉160
5 浦和155
6 茅ヶ崎129
7 越谷レイクタウン126
8 三鷹125
9 江北124
9 船橋競馬場124
11 本厚木118
12 仙川110
13 京急新子安100
14 西府98
15 二子新地94
15 新川崎94
17 柿生90
18 武蔵浦和74
19 桜上水72
19 根岸72


[2014/4/22 提供:マーキュリー]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


マーキュリー

 不動産専門の情報サービス会社。「2万9500物件、190万戸(2010年3月時点)の分譲マンションデータや物件パンフレット」「賃貸物件データ」「平均世帯年収を含む統計データ」「地質データ」などを保有。電子地図を活用して不動産に関する各種情報を提供している。


 マーキュリーのホームページ http://www.mcury.jp/


バックナンバー

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください
販売前おすすめ物件特集

 

このサイトについて

日本経済新聞社について