日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPコラム住まいのQ&A・プラン

住まいのQ&A

ファイナンシャル・プランナーや一級建築士などの専門家が、住まいに関するさまざまな疑問にお答えします。回答はあくまでも1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。(※現在は質問を受け付けておりません)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

QUESTION

「親の土地に家を建てる際の注意点を教えてください」

(埼玉県 会社員 37歳 男性)

 親の所有する土地に、家を建てることになりました。現在、その土地には親が居住する母屋があり、その庭の一部を使う予定です。土地の所有者を変更する予定はありませんが、何か想定される注意点があれば教えてください。また、不動産会社の人から、一筆の土地と分割された土地とでは、住宅ローンを組む際に抵当のつけ方が違う、と言われました。分割する場合は、一定幅の通路部分を設定する必要があるとも。それによるメリット・デメリットを含めて教えてください。


ANSWER

「地主である親の承諾を得た手続きにすれば、基本的に問題はありません。ローンについては、金融機関によって対応が異なる場合があるので、複数で確認しましょう」

(ファイナンシャル・プランナー 菱田雅生)

 基本的に、親の所有する土地の一部を借りて家を建てることについては、大きな問題はありません。住宅ローンについても、地主である親の承諾を得たかたちにすれば、住宅金融公庫などの利用は原則として可能です。


 抵当権の設定に関しては、住宅金融公庫などの場合、土地と建物の両方に設定するのが基本ですが、借地の場合は地主の承諾を得るなど、一定の要件を満たせば認められます。


 ただし、地代や権利金などの支払いをまったく行わない親子間の土地の貸し借りは、使用貸借権とみなされます。そのため、将来、親が亡くなり相続が発生したときに、借りている土地の部分は更地の評価と同じになり、相続財産のカウントの際に若干高めに評価されます。


 一方、分筆を行って土地を2つに分けた場合は、今回建てる家について、土地と建物の両方に抵当権を設定することが容易になります。しかし、分筆した土地を、親の名義から子の名義に変えると、贈与(無償の場合)もしくは譲渡(有償の場合)の問題が発生するので、注意が必要です。


 住宅ローンが組めるかどうか、どの程度借りられるかは、金融機関によって対応が異なる場合があるので、複数のところで確認をしてみてください。分筆については、登記費用が別途必要となる点からしても、基本的には考えなくていいと思います。もし、金融機関の窓口で分筆が必要だと言われた場合は、住宅金融公庫の相談窓口等で、きちんと確認されることをお勧めします。


[ 2003/12/6 掲載]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

回答者 ファイナンシャル・プランナー 菱田 雅生

ファイナンシャル・プランナー。ライフアセットコンサルティング(株)代表取締役。


独立系FPとして、資産運用や住宅ローンなどを中心テーマに、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事している。


バックナンバー

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください
販売前おすすめ物件特集

 

このサイトについて

日本経済新聞社について