日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅最前線 こだわリポート

業界紙出身のベテラン記者・牧田司氏の独自取材記事。街づくり、団地再生、震災復興などがテーマ。愛情あふれた辛口コメントに注目です。本コーナーの記事内容に対するお問い合わせは「RBAタイムズWeb版」までお願いします。

木住協、2時間耐火構造の大臣認可取得 木造5階建て以上が可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


 日本木造住宅産業協会(木住協)は3月15日、木造軸組工法(在来工法)による2時間耐火構造大臣認定を取得し、5階建て以上の建築が可能になったと発表した。RCや鉄骨しかできなかった非住宅大規模建築物にも対応できるとして普及に期待している。


 建築基準法では、耐火建築物にするためには最上階から数えた階数が5以上で14以内の階では通常の火災で火熱が2時間加えられても壁、柱、床、梁(はり)が変形、溶融、破壊されないことを求めている。


 木住協はこれまで間仕切り壁、柱、床、外壁について2時間耐火構造認定を受けており、このほど「梁」についても性能評価試験に合格し、5月にも認定を受ける予定。


 各部位の耐火被覆材としてせっこうボードなどを採用。屋内壁、床などは強化せっこうボードを3枚重ね張りし、外壁については外装材に軽量モルタルを重ね張りして使用する。今後、2時間耐火建築物設計マニュアル講習会を実施し普及を図っていく。


 木住協によると、耐火大臣認定建築物は年々増加しており、平成27年度は388棟だったものが28年度は439棟(2月末現在)と大幅に伸びており、年度末には480棟くらいになると予想している。


[2017/3/17 提供:RBAタイムズWeb版]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


RBAタイムズ 牧田司

第三企画(東京・新宿)が発行する住宅・不動産業界情報紙「RBAタイムズ」編集長。記事の大半を自身で取材・執筆している。月1~2回の紙面発行に加え、「RBAタイムズWeb版」で随時ニュースを配信中。紙面は住宅・不動産業界の親睦と発展を目的に業界関係者に無料配布しているが、広告を一切掲載せず、(第三企画も含めた)特定企業の利害にとらわれない編集方針をとっている。


牧田編集長から住宅サーチ読者へのメッセージはこちら


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について