日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅最前線 こだわリポート

業界紙出身のベテラン記者・牧田司氏による新築マンションのモデルルーム訪問記。愛情あふれた辛口コメントに注目です。本コーナーの記事内容に対するお問い合わせは「RBAタイムズWeb版」までお願いします。

全51戸に反響4000件近く 「プラウド芝公園」が人気

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


「プラウド芝公園」完成予想図

 さすが“プラウド”というべきか。それほど立地に恵まれているわけでもなく、坪単価は500万円を突破し、ほとんどが億ションであるにも関わらず野村不動産 「プラウド芝公園」〔資料請求する〕 が4,000件近い反響を集め、第1期23戸が先にほぼ完売した。近く第2期も分譲される。


 物件は、都営三田線芝公園駅から徒歩5分(他に三田、浜松町、田町、大門、赤羽橋が利用可能)、港区芝2丁目に位置する14階建て全51戸。専有面積は69.30~105.16平方メートル、平均坪単価は500万円を突破する。施工は木内建設。竣工予定は平成29年10月上旬。


 現地は、マンションやビル、商店、住宅などが混在する近隣商業地域。建物は1フロア4戸、「2戸1」エレベーター。全戸南向き。


 設備仕様は、他のプラウドと同様、天然木の突板仕様のドア、大理石の床、御影石のキッチン・洗面カウンター、コロンボ製のドアノブなど。


 これまでの反響は4,000件近く、来場者は300件を突破している。週刊ダイヤモンド別冊(2017年1月15日号)によると、戸数1戸に対する反響数は過去最高だそうだ。


◇     ◆     ◇


 反響数の多さに驚いた。なぜそんなに多いのか考えた。第一に再開発計画が目白押しの浜松町駅圏であること、供給が少ない芝公園が最寄り駅であること、三井不動産レジデンシャルの「浜離宮」も分譲中であること、「プラウド」であることなどが考えられる。


 これだけ反響があれば戸数は51戸だから売れるのだろうとは思うが、20坪で1億円だ。この売れ行きにもまた驚いた。余計なお世話だが、これは同社だからできる芸当だ。中堅だったらまず成功しない。


 しかし、2戸1エレベーターのプランと設備仕様レベルは高い。ついに港区の住宅地は坪500万円以上に突入したか。そういえば、三田綱町のアパのマンションは坪800万円を間違いなく突破するはずだ。


[2017/2/14 提供:RBAタイムズWeb版]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


RBAタイムズ 牧田司

第三企画(東京・新宿)が発行する住宅・不動産業界情報紙「RBAタイムズ」編集長。記事の大半を自身で取材・執筆している。月1~2回の紙面発行に加え、「RBAタイムズWeb版」で随時ニュースを配信中。紙面は住宅・不動産業界の親睦と発展を目的に業界関係者に無料配布しているが、広告を一切掲載せず、(第三企画も含めた)特定企業の利害にとらわれない編集方針をとっている。


牧田編集長から住宅サーチ読者へのメッセージはこちら


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について