日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅最前線 こだわリポート

業界紙出身のベテラン記者・牧田司氏による新築マンションのモデルルーム訪問記。愛情あふれた辛口コメントに注目です。本コーナーの記事内容に対するお問い合わせは「RBAタイムズWeb版」までお願いします。

億ションの歴史を変える積水ハウス「グランドメゾン伊勢山」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


「グランドメゾン伊勢山」

 積水ハウスの「グランドメゾン伊勢山」を見学した。同社の〝グランドメゾン〟の記念碑的なマンションであるのは勿論、今年を代表する物件であり、長いマンションの歴史にも名を残すハイクォリティマンションだ。


 物件は、横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町駅から徒歩5分、またはJR根岸線桜木町駅から徒歩6分、横浜市西区宮崎町に位置する敷地面積約8600平方メートル、9階建て全99戸の規模。専有面積は114.37~228.30平方メートル、予定価格は9500万~2億1000万円(最多価格帯1億1000万~1億2000万円台)、坪単価は270万円。竣工予定は平成23年7月末。設計・施工・監理は竹中工務店。


 現地は、「伊勢山皇大神宮」に隣接し、明治天皇が宿泊された「伊勢山離宮」があったとされる高台。近くには横浜奉行所跡地に建つ「県立青少年センター」や「県立図書館」「横浜能楽堂」「県立音楽堂」「掃部山公園」「本町小学校」などの公共施設がある。住環境としては申し分ない立地条件だ。


 敷地の周囲は自然石の擁壁と植栽が施されている。建物は、大きな中庭を囲むように4棟が配棟され、住戸プランは、平均専有面積が162平方メートルで、階高は3.25平方メートル。共用部分にも専有部分にも大理石や御影石の自然石とチーク材などの自然木がふんだんに用いられており、エレベータは〝2戸1〟で10基を数える。全戸分以上ある駐車場は地下方式だ。


◇     ◆     ◇


 さて、何をもって同社の記念碑的マンションで、今年を代表する、そしてマンションの歴史に名を刻むハイクォリティマンションというのかを説明しよう。


 記者は、マンションの質は基本的に広さだと考えている。ファミリーにとって理想の広さは100平方メートルだ。100平方メートルマンションとしては、日本綜合地所の全1805戸の平均専有面積が100平方メートルだった「レイディアントシティ横濱」があるし、三井不動産レジデンシャルと伊藤忠都市開発の全701戸の平均専有面積が120平方メートルだった「パークシティ東京ベイ新浦安」があるが、この物件は平均162平方メートルだ。まとまった規模で、これほどゆとりのあるマンションは供給されたことはまずない。わが国初だろう。


 99戸のうち億ションでないのが4戸のみというマンションも、バブル期を除けはこれも例がないだろう。記者は、億ションの最高峰は三井不動産レジデンシャルの「麻布霞町パーク・マンション」だと思っている。全92戸のうち億ションでないのは1戸のみだった。分譲単価は確か530万円だった。単価、グロス価格はともかく、億ションの多さからいっても、広さからいっても、「伊勢山」は「麻布霞町」を越える。


 設備仕様の高さで言えば、このマンションを超えるものは数え切れないほどみてきた。ドムスは1戸44億円のマンションを分譲したし、バブル期は建築費が坪200万円というのもざらだった。浴室の石鹸置きが純金製で数十万円というものも見た。


 「伊勢山」はもちろんそれほど豪華ではなく、むしろシンプルだ。しかし、記者がその美しさに驚嘆した鹿島建設の「加賀レジデンス」と同じように、美しく品がある。1階住戸には全く柱・梁型がなく、ドア、収納、サッシにいたるまで天井のラインが揃っており、ドアの把手も壁面まで後退させている。オープンキッチンのカウンターは幅1メートルぐらいある。キッチンは7畳前後、玄関・ホールも6畳大はある。


2階テラスから中庭を望む  

モデルルームのDK 

◇     ◆     ◇


 最高にすばらしいマンションではあるが、大きな壁もある。1億1000万~1億2000万円という価格の壁だ。この点については、販売を担当する同社グランドメゾン伊勢山販売準備室室長・長嶺伸之氏も百も承知だ。


>>次ページ 積水ハウスの勝算は?


  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく



バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について