日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅最前線 こだわリポート

業界紙出身のベテラン記者・牧田司氏による新築マンションのモデルルーム訪問記。愛情あふれた辛口コメントに注目です。本コーナーの記事内容に対するお問い合わせは「RBAタイムズWeb版」までお願いします。

沈滞ムードを吹き飛ばすか 柏たなか「トレジャーランドプロジェクト」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


「トレジャーランドプロジェクト(デュオヒルズ・ザ・グラン)」完成予想図

 フージャースコーポレーションが近く分譲する 「トレジャーランドプロジェクト(デュオヒルズ・ザ・グラン)」〔資料請求する〕 を見学した。


 物件は、つくばエクスプレス柏たなか駅から徒歩3分、柏市小青田に位置する12階建て全253戸。第1期(30戸)の専有面積は68.06~101.40平方メートル、価格は2,500万円台~5,100万円台(最多価格帯2900万円台)、坪単価は150万円。竣工予定は平成30年10月下旬。施工は長谷工コーポレーション。


 「毎日が宝物になる暮らしを」をコンセプトに親子で楽しめる多機能型のキッズルーム兼スタジオや非日常体験のできる仕掛けを施したパーティールーム兼ゲストルームを設置。同社としては初の取り組みとなる間取りに可変性を持たせた「フリーデザインシステム」を採用する。


◇     ◆     ◇


 見学する前は正気かとさえ思った。現在つくばエクスプレス沿線は大激戦、価格下げ競争が激化しており、土地代がただでも建たないような価格水準に来ているからだ。


 そのことを正直に同社の広報担当者に伝えた。「〇〇さん、マイナーな『柏たなか』で253戸を売るのは容易ではないと思いますよ。ぼくの予想ではよくて年間50戸、完売まで5年かかるんじゃないですか」と。


 坪単価は150万円と予想したが、その通りだった。これ以下ではまず建たない。


 販売事務所には見学者は10人くらいいただろうか。同社のシニア向けマンション「デュオセーヌ柏の葉キャンパス」竣工見学会に招待された銀行関係者らしい方を相手に女性が元気な声で説明していた。


 女性はどこかで見たことがあるような気がしたが、思い出せない(昔は女性の名前と顔は絶対忘れなかったが、今は聞いた傍から忘れる。昨日食べた夕飯が分からない。こんなことを言うと馬鹿にするだろうが、年を取ってごらんなさい)。


 「失礼ですけど、どなたですか」と聞いたら、「いやだぁ、もう3回くらい会っていますよ」と言われた。同社の営業企画部部長・友野珠江氏だった。


 最高価格は100平方メートルの5,500万円だという。「えっ、大丈夫? 売れますか」「大丈夫、絶対売れます」


 半信半疑でシアターを見て、プロジェククションマッピングとVRを体験し、その100平方メートルのモデルルームを見学した。確かにコンセプトが明確で、若い夫婦と小さな子どもがターゲットであることが一瞬にして理解できた。


 そして、友野氏から話を聞き終えたときは“ひょっとしたら年間80戸、3年間くらいで売れるかも”に変わった。それだけ友野氏の説明は説得力があった。


 「ありきたりの商品企画では売れないと考え、このような仕掛けを施した。ここを目玉にし、とにかく沈滞ムードの業界を元気にしたい。現場は面白いですよ」と語った友野氏の顔は自信にあふれていた。


◇     ◆     ◇


 面白い仕掛けについて。シアターが始まる直前、部屋が真っ暗になった。これだと思った。皆さんはダイアログ・イン・ザ・ダークをご存じか。暗闇の中で感覚を研ぎ澄ますと、見えないものが見えてくるということを。同社はそれをシアターでやって見せた。シアターがマンガだったのは全く理解できなかったが、これも当たり前だ。記者などのお年寄りに見せるものではない。


 プロジェクションマッピングは半端なものではない。見学者にも映像が映りこんだときは驚いた。


 卓上のクリスマスケーキに「息をかけて」と言われたとき、年がいもなく記者もフッと息をかけた。何とローソクが消えるではないか。


 「柏たなか」の郊外に暮らすことがどのようなことであるかみんなよく理解できたはずだ。


プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング

◇     ◆     ◇


 帰りのEXの車内づり広告で沿線の5~6つのマンションが“価格の安さ”を競っていた。“3LDK2980万円”“3LDK2400万円~”“頭金0円 月々4万円~”などだ。“(都心へ)近・(駅へ)近・(公園学校に)近・(スーパーに)近”と大書きした、何だか吉永小百合さんの「奈良の春日野」の“フン フン フーン”ように韻を踏んだものまであった。


 これを見て逆効果だと思った。ユーザーは購買力がないわけではない。どこも似たり寄ったりで、価格の安さだけが取りえのような物件に嫌気がさしているのだ。


この物件の間取り図を見る/資料請求する(無料)


グランピングゲストルーム

[2017/3/17 提供:RBAタイムズWeb版]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


RBAタイムズ 牧田司

第三企画(東京・新宿)が発行する住宅・不動産業界情報紙「RBAタイムズ」編集長。記事の大半を自身で取材・執筆している。月1~2回の紙面発行に加え、「RBAタイムズWeb版」で随時ニュースを配信中。紙面は住宅・不動産業界の親睦と発展を目的に業界関係者に無料配布しているが、広告を一切掲載せず、(第三企画も含めた)特定企業の利害にとらわれない編集方針をとっている。


牧田編集長から住宅サーチ読者へのメッセージはこちら


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について