日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPコラム住宅最前線 こだわリポート・モデルルーム見聞

住宅最前線 こだわリポート

業界紙出身のベテラン記者・牧田司氏による新築マンションのモデルルーム訪問記。愛情あふれた辛口コメントに注目です。本コーナーの記事内容に対するお問い合わせは「RBAタイムズWeb版」までお願いします。

明和地所のフラッグシップ「クリオ レジダンス横濱ザ・マークス」

神奈川県初の低炭素認定「クリオ横濱綱島」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


「クリオ レジダンス横濱ザ・マークス」完成予想図

 明和地所の総合マンションギャラリーで 「クリオ レジダンス横濱ザ・マークス」〔資料請求する〕 「クリオ横濱綱島」〔資料請求する〕 のモデルルームを見学した。昨年秋に見学して以来だったが、2つのモデルルームは一新されており、とくに100平方メートル以上のプレミアム住戸の商品企画、設備仕様レベルの高さが光った。


 「横濱」は、横浜市営地下鉄ブルーライン高島町駅から徒歩4分、みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩9分、横浜市西区花咲町6丁目に位置する11階建て全102戸。専有面積は46.67~106.30平方メートル、価格は未定だが、坪単価は320万~330万円くらいになる模様。竣工予定は平成30年7月下旬。設計は三輪設計。分譲開始は3月下旬。


 現地は、昨年、横浜市住宅供給公社が分譲して人気を呼んだ「横濱MIDベース タワーレジデンス」に近接。同社創業30周年の節目を飾るフラッグシッププロジェクトとして位置付けられている。


 建物はコの字型で南向きが中心。ワイドスパンが特徴。100平方メートル超の14戸はプレミアム仕様。インテリアデザインはカン・デザイニングオフィスの鈴木ふじゑ氏が担当。


 「綱島」は、東急東横線綱島駅から徒歩13分、横浜市港北区綱島東4丁目に位置する7階建て全66戸。専有面積は60.26~81.62平方メートル、坪単価は270万円。竣工予定は平成30年3月下旬。設計は三輪設計。施工は加賀田組。2月から分譲を開始し、これまでに約30戸が契約済み。


 現地は、「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」に隣接。パッシブデザインを取り入れ、太陽光発電+蓄電池を装備、マンション向け家庭用燃料電池エネファームを全戸採用していることから神奈川県で初の低炭素建築物認定を取得した。


 建物はL字型で、西向き住戸プランはワイドスパンが特徴。食洗機、ミストサウナが標準装備。


「クリオ レジダンス横濱ザ・マークス」モデルルーム

「クリオ レジダンス横濱ザ・マークス」モデルルーム

「クリオ横濱綱島」

◇     ◆     ◇


 最近の同社の商品企画、設備仕様は飛躍的によくなってきているが、「横濱ザ・マークス」のモデルルームはどこかで見たような既視感を覚えた。


 広さは100平方メートルくらいで、南側バルコニーに面した幅約10mのワイドスパンのリビング・ダイニング・キッチンは約30畳大。その見せ方が巧みだった。坪単価300万円超の物件としては水準以上の設備仕様レベルだった。


 ワイドスパンは同社のこれまでのマンションと同様なのだが、何より感心したのは、トイレを含めて廊下に面したドアの取っ手は全て壁面まで後退させていることだった。すっきりしていて美しい。


 パンフレットを見て、既視感は間違っていなかったことが分かった。コーディネーターはカン・デザイニングオフィスの鈴木ふじゑ氏だった。先日見た阪急不動産の「元麻布」と同じ形状だったからだ。おそらく同社は初めて鈴木氏を起用したと思われる。同社の意気込みが伝わってきた。一部の住戸を除き廊下幅を1m以上確保しているプランもいい。


 「綱島」は、パナソニックと野村不動産が開発を進めている「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」に隣接。パッシブデザインのアドバイザーとしてチームネットの甲斐徹郎氏を起用していることからも力が入っていることが分かる。


 西向き住戸だけだが、7~8メートルのワイドスパンがいい。坪単価もリーズナブルだと思う。野村とパナソニックのマンションは坪300万円を超えるのは微妙だが、明和の物件よりは高くなるのは間違いない。


「クリオ横濱綱島」

◇     ◆     ◇


 同社取締役執行役員開発事業本部長・柿崎宏治氏は常設モデルルームと「横濱」のコンセプトなどについて次のように語っている。


 「クリオマンションの発祥の地である横浜は今でも供給の多いエリア。この数年横浜中心部での供給が続き、おかげさまで高い評価を得て好調に完売してきました。そこで、これだけ継続的に供給ができるなら総合マンションギャラリーをつくってみてはという考えにいたりました。


 ただ単にモデルルームを2住戸設け複数物件を紹介するものではなく、ワンストップ型の総合マンションギャラリーを目指しております。クリオの基本コンセプトからここまでできるというハイエンドなインテリアまで住まいに対する希望やイメージを極力体感できるような場となっております。


 70平方メートルのモデルルームはクリオマンションの居住性、快適性を追求した基本性能の高さを表現し、100平方メートルタイプはクリオマンションのハイエンドモデルとしてのクオリティーの高さ表現しています」


「クリオ レジダンス横濱ザ・マークス」の間取り図を見る/資料請求する(無料)
「クリオ横濱綱島」の間取り図を見る/資料請求する(無料)


[2017/3/9 提供:RBAタイムズWeb版]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


RBAタイムズ 牧田司

第三企画(東京・新宿)が発行する住宅・不動産業界情報紙「RBAタイムズ」編集長。記事の大半を自身で取材・執筆している。月1~2回の紙面発行に加え、「RBAタイムズWeb版」で随時ニュースを配信中。紙面は住宅・不動産業界の親睦と発展を目的に業界関係者に無料配布しているが、広告を一切掲載せず、(第三企画も含めた)特定企業の利害にとらわれない編集方針をとっている。


牧田編集長から住宅サーチ読者へのメッセージはこちら


バックナンバー

住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について