日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅最前線 こだわリポート

業界紙出身のベテラン記者・牧田司氏による新築マンションのモデルルーム訪問記。愛情あふれた辛口コメントに注目です。本コーナーの記事内容に対するお問い合わせは「RBAタイムズWeb版」までお願いします。

「ライオンズ東綾瀬公園」 全戸にエネファームと宅配ボックス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


「ライオンズ東綾瀬公園グラ ンフォート」完成予想図

 大京は3月16日、足立区では初の全戸にマンション向け「エネファーム」を搭載し、宅配便の「再配達ゼロ」を目指したマンション 「ライオンズ東綾瀬公園グランフォート」〔資料請求する〕 の記者見学会を開いた。3月18日から分譲開始する。


 物件は、東京メトロ千代田線北綾瀬駅から徒歩8分、足立区綾瀬7丁目に位置する9階建て50戸。第1期(27戸)の専有面積は56.05~84.42平方メートル、価格は3,540万~5,790万円(最多価格帯4,400万円台)、坪単価は215万円。竣工予定は2018年3月。設計はIAO 竹田設計。施工は松村組。


 現地は、3方道路で、低中層の住宅が立ち並ぶ一角。敷地西側は「綾瀬七丁目公園」に隣接。北綾瀬駅は将来的に大手町方面に直通運転されることになっている。


 建物はL字型で住戸は南向きと西向き。全戸に足立区初のマンション向け「エネファーム」が搭載されている。


 また、いま社会問題になっている宅配便の「再配達」がなくなるよう同社が昨年グッドデザイン賞を受賞した宅配ボックス「ライオンズマイボックス」を全戸に設置する。また、同社が力を入れている快適な室内環境を生み出す「ライオンズパッシブデザイン」をフル装備している。


「綾瀬七丁目公園」から現地方向を写す

◇     ◆     ◇


 全戸にマンション向け「エネファーム」がついているマンションは足立区で初めてとは知らなかった。東京ガスが販売を開始して3年が経過するが、これまで約2,000戸に搭載されているという。


 この2,000戸が多いのか少ないのか、よくわからないが1次エネルギー利用効率が石油などの37%と比較して85.8%と効率がよく、年間のCO2排出量が少なく、光熱費も抑えられるいいことずくめであることはいうまでもない。業界をあげて設置するよう望みたい。


 ややかさばるのが難点だが、今回はバルコニー側に設置するのでその難点が解消されている。


 宅配ボックスがついているのは常識だと思うが、それを全戸に設置しているものはどれくらいあるのか記者は全然知らない。これが“売り”になったらすごい。


この物件の間取り図を見る/資料請求する(無料)


駅前の公園に咲いていたハナニラ 花がさく 花がさく どこにさく。山にさく 里にさく、野にもさく。

[2017/3/17 提供:RBAタイムズWeb版]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


RBAタイムズ 牧田司

第三企画(東京・新宿)が発行する住宅・不動産業界情報紙「RBAタイムズ」編集長。記事の大半を自身で取材・執筆している。月1~2回の紙面発行に加え、「RBAタイムズWeb版」で随時ニュースを配信中。紙面は住宅・不動産業界の親睦と発展を目的に業界関係者に無料配布しているが、広告を一切掲載せず、(第三企画も含めた)特定企業の利害にとらわれない編集方針をとっている。


牧田編集長から住宅サーチ読者へのメッセージはこちら


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について