日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅ねっと相談室 あらかると

マンション管理組合や自治会、近隣のトラブルなど、読者から寄せられた相談に建築士やFP、弁護士ら専門家が回答します(この連載は終了、新たな質問の受け付けも終了しました)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

QUESTION

違法建築物なのに工事が止まらない

(神奈川県 30歳代 会社員 男性)

 住んでいる地域の市街化調整区域に、昨年秋から鉄骨造3階建ての建物を建てている会社があります。「都市計画法第81条第1項の規定に基づき工事停止とする」横浜市の看板とシールがありますが、平然と工事を進めています。先日は上下水道工事をしていたようです。近隣の住民として、できることはないのでしょうか?


ANSWER

確認と相談先

(住宅ねっと相談室カウンセラー 弁護士 柴田 亮子)

 都市計画法第81条の規定に基づく監督処分に不服がある者は、自治体の開発審査会に対して審査請求をして、是正を求めることができます(都市計画法第50条第1項)。ただ、今回の場合は、すでに工事停止の決定が出されていますので、この手続きは不要かもしれません。


 まずは工事停止を出した処分庁(看板に書いてある自治体の担当課)で工事停止に関する書類を閲覧・謄写(コピーを取得する)し、工事停止処分となっているか確認してください。


 工事停止処分が出ていると確認できた場合は、まだ工事が継続していることを写真などで示し、実際に工事を停止させるよう自治体に要請してください。さらに、違法に建てられた建築物の撤去命令も要求しましょう。


 横浜市は、過去もこのような案件に対し厳しく対処していますので、地域住民、できれば自治会として申し入れれば対処してくれると思います。仮に反応が悪い場合は、その地域のまちづくりに力をいれている市会議員さんらに相談されるのも一つの方法です。


 それでもだめな場合は、審査請求、行政訴訟、付随する執行停止などが考えられますが、審査請求期間、原告適格などの法律問題があります。この手続きに関しては、建築問題に詳しい弁護士にご相談されるのがいいかと思います。


> 「住宅ねっと相談室」のサイトで質問してみる


[ 2015/3/12 掲載]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

住宅ねっと相談室カウンセラー 弁護士 柴田 亮子

建築訴訟を中心に活動していくつもりです。皆さんと一緒に、この相談室を通じて勉強していければと思っています。


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について