日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅ねっと相談室 あらかると

一戸建ての新築時や居住中の疑問・トラブルなど、読者から寄せられた相談に建築士やFP、弁護士ら専門家が回答します(この連載は終了、新たな質問の受け付けも終了しました)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

QUESTION

水害に強い家に建て替えたい(2)

(千葉県 40歳代 公務員 男性)

 ※今回は前回と同じ質問に別の専門家が回答します。 →前回の相談室を読む

 一級河川の近くに住んでいます。大雨で水が玄関近くまでついたことがあります。


 同じ敷地で家を建て替える準備をしているのですが、先日の茨城県の洪水被害を見て不安を感じています。水害に強い家づくりの条件を教えてください。


 基礎をしっかり施工すればよいのでしょうか? その場合、どのような点に注意が必要でしょうか? あるいは、地盤が大事でしょうか? 地盤を固くすることで家が流されることを防げるでしょうか? 盛り土をある程度した方が良いでしょうか?


ANSWER

常総市を視察して分かったこと

(住宅ねっと相談室カウンセラー 一級建築士 荒尾 博)

 先日の茨城県の豪雨災害の直後、テレビ局の取材に同行して、建築士および防災アドバイザーとして、茨城県常総市の決壊付近を見てきました。


 テレビのニュースでも話題になった、一軒だけ流されずに残った白い家ですが、前回の高安先生のご推定通り、鋼管杭が使われていました。鋼管杭とは、生け花で使う剣山を逆さにして地面に刺してグリップさせるイメージです。地盤が軟弱で、しかも支持層まで10メートル位もあったとのことで、鋼管杭が打たれていました。単純に考えれば、鋼管杭にすれば流されにくいと言えそうですが、建物のメーカーのコメントでも、「絶対に流されないとは言えない」とのことでした。


 この流されなかった建物から、あと二つの要素が考えられると思っています。一つは、これも高安先生のご指摘通り、軽量鉄骨プレハブ工法で基礎と躯体の接合がしっかりしていたことです。これが木造住宅でも、ホールダウン金物が効けば、近い結果も考えられるのではないかと思われます。


 もう一つは、建物にぶつかっていた2棟の住宅の存在です。1階が破壊されながら白い建物にぶつかったことで衝撃を和らげ、残った2階と屋根部分が濁流を直接受けて白い建物への濁流の影響が少なくなったと思われる節がありました。


 もう一つ、白い建物のすぐ近くで、ベタ基礎+2×4工法の家も基礎の下がかなりえぐられたものの残っていました。モルタルの外壁も、基礎に薄く塗られた化粧モルタルにも、亀裂やはがれがほとんどありませんでした。つまり、建物自体の変形が極めて少なかった事例です。モルタルは亀裂が入りやすくはがれやすいという概念は間違っていました。


 濁流に耐えられるかは難しいものの、水害に強い家づくりとしては、基礎を深くし、高くすることが考えられます。想定した濁流の高さまで濁流の水圧も考慮した高い基礎をとなりますが、住宅地の高さ制限やバリアフリーなど考えると、決して現実的ではありません。


 私が設計した千葉県内の住宅の場合、地形から大雨による冠水が心配されたので、過去の冠水水位から想定して、コンクリートの打ち継ぎ面からの浸み込みを防ぐ対策をし、基礎の換気は基礎天端の基礎パッキングにし、エアコンの室外機や給湯ユニット専用の高基礎を設置しました。その結果、今回連絡したところによると、道路は冠水したが、建物への影響は無かったとのことで安心した次第です。


 ご参考まで。


[関連記事] 水害に強い家に建て替えたい (2015/9/24)


> 「住宅ねっと相談室」のサイトで質問してみる


[ 2015/10/1 掲載]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

住宅ねっと相談室カウンセラー 住まい創りのプロデューサー 荒尾 博

一級建築士、FP(ファイナンシャルプランナー)、インテリアプランナー、ビル管理士、横浜市木造住宅耐震診断士、神奈川県福祉のまちづくりバリアフリーアドバイザー、民間地震対策研究会主幹会員、地震防災と高齢社会住環境に興味あり。


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について