日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅ねっと相談室 あらかると

土地の購入時や居住中の疑問・トラブルなど、読者から寄せられた相談に建築士やFP、弁護士ら専門家が回答します(この連載は終了、新たな質問の受け付けも終了しました)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

QUESTION

購入検討中の土地から観音様が出てきた

(東京都 50歳代 会社員 男性)

 現在、購入を検討している土地から馬頭観音が出てきました。高さ30センチ程度の文字塔です。単なる石ではなく観音様(仏様)なので、勝手に移動して、たたられても困ります。


 市役所に問い合わせたところ、文化財指定はしていないので不動産屋さんと相談して好きなようにして良いとのことなのですが、購入は避けた方が良いのでしょうか? いろいろ調べてみても、そういう情報はなかなか載っていないもので……。


 また、再度土地を売却する事になった場合、神事物があると、とても売りにくいと思います。こういう場合、どうしたらよいでしょうか。


ANSWER

縁起が良い土地

(住宅ねっと相談室カウンセラー 司法書士 石田 光廣)

 古い町などでは、お地蔵さんなどが出てくることはよくありますが、私なら縁起が良い土地だと解釈しますね。大きさから言っても、とても邪魔になるとは思えず、庭の片隅に置けば、エクステリア的にも素敵だと思います。


 また、昔から人が暮らしていた土地は、地盤などが良好な場合が多く、その面からも安心材料の一つと考えることもできますね。


 ご近所のお寺などに引き取って置いてもらうことも考えられますが、敷地内で置いてあげることはできませんかね。敷地にお地蔵さんや観音様がおられるお宅は、考えようによれば、素敵だと思います。京都などでは、敷地内にお地蔵さんの安置祠(ほこら)を設置し、地域に開放しているお宅やビルはいくらでもあります。そして、町内の住民が交代でお花やお水を備えて大切にしておられます。


 売却時のご心配もあるようですが、お墓でもあるまいし「とても売りにくい」とまでは言えないと思います。売却時に引き取り先を確保することも考えられます。


[ 2012/7/19 掲載]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

住宅ねっと相談室カウンセラー 司法書士 石田 光廣

 『相続のたびに“まち”が壊されていく!』。これが長年のまちづくり研究で分かったことです。不動産や住宅は、経済資源ではありません。国家の重要なインフラです。秩序ある不動産の継承は、「まちづくり」の原点です。皆さんに正しい知識をもっていただいて、暮らしやすい社会を実現したいですね。こんな思いから司法書士になりました。


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について