日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅ねっと相談室 あらかると

マンション購入時や居住中の疑問・トラブルなど、読者から寄せられた相談に建築士やFP、弁護士ら専門家が回答します(この連載は終了、新たな質問の受け付けも終了しました)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

QUESTION

マンションの個人賠償保険加入は、全員の同意が必要か?

(東京都 60歳代 無職 男性)

 マンションの理事を務めるものです。管理組合として、マンション保険に特約として「個人賠償責任保険(例えば、専有部分での漏水や延焼を対象とした)」をつけたいと考えています。個人の所有権である専有部分に関する保険に加入するには、全員一致の同意が必要なのでしょうか。


 他のマンションで、マンション全体の保険に特約として個人賠償責任保険(例えば、専有部分での漏水や延焼を対象とした個人賠償責任保険)をつけているマンションがあるとも聞くのですがいかがでしょうか。


 管理組合としては、1戸でも保険の内容に違いがあることでのトラブルを避けたいと考えています。区分所有者全員の同意を取り付けるのは困難が予想されます。そこで、総会での普通決議、あるいは特別決議だけで、マンション保険の特約で個人賠償責任保険(例えば、専有部分での漏水や延焼を対象とした)をつける方法は無いでしょうか。勿論、保険料は、管理費の中から払い、個別追徴はしません。よろしくお願いします。


ANSWER

規約から判断してください

(住宅ねっと相談室カウンセラー マンション管理コンサルタント 江沼 伸一)

 マンション管理の実務において、マンションの共用部分だけでなく、火災や水漏れなどの損害に備え、個別住戸内の専有部分についても保険に入っておくことは重要です。


 そこで、国交省が推奨している「マンション標準管理規約」では、次のようになっています。


(損害保険)
第24条区分所有者は、共用部分等に関し、管理組合が火災保険その他の損害保険の契約を締結することを承認する。
2理事長は、前項の契約に基づく保険金額の請求及び受領について、区分所有者を代理する。

(管理費)
第27条管理費は、次の各号に掲げる通常の管理に要する経費に充当する。
 一 管理員人件費
 二 公租公課
 三 共用設備の保守維持費及び運転費
 四 備品費、通信費その他の事務費
 五 共用部分等に係る火災保険料その他の損害保険料
 (以下略)


 つまり、「共用部分等」の「等」に含まれるとして、共用部分の保険の特約で専有部分も付加することが可能と解釈され、これにしたがって、理事会の判断で特約を付けているマンションが増えていることは事実です。相談者のマンションの規約はいかがですか? 規約から可能と解釈されるとしたら、普通決議でいけると思われます。


 もっとも、築年数の古いマンションなどでは、いまだこの標準規約に準拠していない規約を使っているところも少なくないことは事実です。ただ、このような状況においても、総会の普通決議を経たうえで「マンション損害保険」に加入している管理組合は多くあります。古いマンションほど、漏水事故をはじめとする保険事故が増大する傾向が顕著にあるといえ、損害保険に加入する意義は高いはずでしょうから。


 ということから、保険内容の必要性と支払い金額の妥当性を総会等で十分に説明し、必要があれば、規約の改正からなさると良いかもしれませんね。ちなみに、規約変更は特別決議で行ってください。


[ 2011/10/27 掲載]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

住宅ねっと相談室カウンセラー マンション管理コンサルタント 江沼 伸一

マンション管理をはじめとした住宅問題は、さまざまな分野や経緯が複雑に絡む難しさがあります。したがって、よりプラグマティック(実用的)な解決方法をアドバイスできるよう心がけています。マンション管理士、管理業務主任者、一級建築施工管理技士、宅建建物取引主任者、産業カウンセラー、社会保険労務士、行政書士、マンション維持修繕技術者、情報処理技術者、監理技術者、キャリアコンサルタント他。


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について