日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

住宅ねっと相談室 あらかると

住宅に関係する税金やローンの疑問・トラブルなど、読者から寄せられた相談に建築士やFP、弁護士ら専門家が回答します(この連載は終了、新たな質問の受け付けも終了しました)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

QUESTION

住宅ローンで借りる金額について

(神奈川県 30歳代 主婦)

 現在、中古分譲マンションの購入を検討しています。購入予算は4500万円です。資金は預金で十分用意できるのですが、フラット35Sの適用が受けられる物件を考えており、1%の利率控除を受けられるのと、さらに住宅ローン控除も考えて、ある程度はローンを組もうと思っています。このある程度というのがさっぱり分からず困っています。


 例えば、2000万円を20年で借りて、10年後には繰り上げ返済するように考えていますが、何の根拠もありません。ただし、月々の返済は10万円未満にしたいと思っています(ボーナス返済なし)。ローンを組む金額を決める際、どのようなことから順に判断し決めていけばよいのか教えてください。


 もう一つ、住宅ローンを借りる場合、抵当権設定登記費用も必要と聞きましたが、ローンの金額によって何か変わるのでしょうか?


ANSWER

資金ポジションをどうするか

(住宅ねっと相談室カウンセラー 税理士 松下 明夫)

 一般的に、住宅ローンで借りる金額は、その金額を借りないと住宅が買えないという金額がミニマムで、あとは、返済金額が可能な範囲かどうかなどで上限を考えます。


 全額自己資金で購入できる場合は、住宅ローンを利用する必要はありませんが、自己資金を全額つぎ込み、手元の預金が全くなくなってしまうことは、一方で不安もあります。たとえば、会社をリストラされた、独立して起業した、病気になった、子供が医学部に入学して入学金以外にも毎年授業料が500万円かかる等々、その人および家族の生活の予測に応じて、ある程度の(場合によってはそれなりの)金額を準備しておくことが安心です。


 前記の、リストラ、起業等々、どれをとっても、どんな理由でも銀行は個人にお金を貸すことは原則しませんから、手元資金を潤沢にしておくには、住宅ローンで資金にゆとりを持たせることになります。投資では、資金ポジションとか、資金ポジションを空けておくとか、そういう表現を使いますが、そういう観点で、ゆとり資金をどれだけ持っておくかを判断してください。


 具体的には、仮にこれから起業することを予定しているなら、借りられる上限まで借りた方がいいでしょうし、そういう予定もなく、家族に特段の資金需要の予定がないのであれば、あまり借りる必要はないと思います。


 抵当権の設定登記に要する登録免許税は、借入金の額によりますが、住宅ローンの場合には軽減措置(課税標準額の0.1%)がありますから、それほど気にしなくてよいと思います。


[ 2011/1/6 掲載]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく

住宅ねっと相談室カウンセラー 税理士 松下 明夫

住宅を考えることによって、生きるということやコミュニティーを考えていきたいと思います。


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について