日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPコラムSUUMOジャーナル・コラム

SUUMOジャーナル

リクルートの情報サイト「SUUMOジャーナル」の記事を掲載します。本コーナーに対するお問い合わせは「SUUMOジャーナル」までお願いします。

「太陽光発電」と「太陽熱利用」ってどうちがうの?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


エコな暮らしを考えるとき、話題に上ることの多い自然エネルギー。その中で最も身近な「太陽」を利用した住宅設備には、実は「太陽光発電」と「太陽熱利用」の2種類がある。補助金や余剰電力買取制度の後押しで認知度も高まっている「太陽光発電」の一方で、少し耳慣れない感のある「太陽熱利用」。この2つの違いは何か。「太陽熱利用」の設備にはどんなものがあり、その活用にはどんなメリットがあるのか、矢崎総業の落合さん、大石さんにお話を伺ってみた。


■「太陽光」は電気をつくり、「太陽熱」はお湯をつくる

「太陽光発電は、言葉の通り、太陽の光を電気に変える利用法。一方、太陽熱利用とは、太陽の熱を利用してお湯をつくり出すことが基本となります。屋根の上に設置されるパネルも、太陽光発電では太陽電池であるのに対し、太陽熱利用では効率的に熱を集めるための集熱パネルなのです」と大石さん。「水道水を給水し、集熱装置を通すことでお湯に変え、貯湯タンクに溜めておいて必要なときに使う。これが基本システムになります。実は歴史は古く、古い民家の屋根の上に、太陽熱利用温水器を見かけることも多いと思います」。


■太陽熱利用のほうが「変換効率」が高く、導入コストもお手ごろ

太陽光発電と太陽熱利用のもう一つの大きな違いが「変換効率」だ。大石さんによると、「現状、太陽光発電の発電効率は10%程度。太陽熱利用で水をお湯に変える変換効率は40%程度にもなります。太陽熱利用のほうが、エネルギーを無駄なく効率的に使うことができるわけですね」。単純にお湯を沸かすことを考えれば、発電した電気で沸かすより、効率はさらに上とも言えるだろう。


また、太陽熱利用温水器は、太陽光発電のシステムに比べて安価なことも魅力のひとつ。「太陽光発電システムの導入費用は150~200万円前後が主流。それに対して、太陽熱利用給湯器は、高価なシステムもありますが、20~60万円(※1)での導入が主流となっています。 一般的なガス給湯と比較すれば、節約効果は年間で約5万円(※2)。投資回収のサイクルも短く、資金計画も立てやすいはずです」。


■美観を損わないデザインや、オール電化と相性のいい製品も登場

「その一方で、水圧や建物の美観の問題、近年のオール電化住宅の普及で、新たな製品が求められてきたことも事実」と落合さん。しかし、「近年では、水道直結で水圧も気にならないタイプや、貯湯タンクを分離したセパレートタイプ、エコキュートと併用できるタイプなど、新しい製品も次々に開発されています」。


例えば、太陽熱集熱器対応型エコキュート「エコキュート・ソーラーヒート」なら、屋根の上には集熱パネルのみで、外観のデザインにも影響が少ない。また、「天候予測機能を備えているので、天気のいい日には太陽熱でお湯をつくり、そうでない日はお得な夜間電力を使ったエコキュートで多めにお湯をつくる、という使い分けが可能。従来の給湯システムと比べて約9割、エコキュートのみの場合と比べても約4割の給湯費用削減が可能(※3)です」と落合さん。


■導入予算とランニングコストを考えて選びたい

お話を伺ってみると、魅力的な要素も多い太陽熱利用。高度なシステムになれば「価格面での課題もある」というが、家を建てるなら、太陽光発電同様に、導入を検討してみる価値はありそうだ。ちなみに、太陽熱利用給湯器を導入する場合でも、住宅エコポイントや地方自治体の補助の対象となるケースがある。導入のための予算や、ランニングコストを考慮したうえで、自分たちに合う、賢い選択をしたいものだ。


集熱パネルと蓄熱タンクが一体となった太陽熱温水器「ゆワイター ゆ太郎」

太陽熱集熱器対応型エコキュート「エコキュート・ソーラーヒート」

※1 おおよその導入価格(設置工事費含) 設置する屋根の条件、給湯器などとの接続方法によって別途工事が必要になる場合もある
※2 太陽熱温水器 ゆワイター「ゆ太郎」(型式:SW-Ⅲ420)、給湯条件 IBEC Lモード、日射条件 METPV-3・静岡市、設置条件 真南・傾斜角25°におけるシミュレーション
※3 矢崎総業調べ。詳細は製品ページ(http://solar.yazaki-group.com/product/ecocute.html)より、PDFカタログ参照


■お話を伺った方
矢崎総業株式会社
環境エネルギー機器本部 環境システム事業部 事業企画部
落合 俊秀さん・大石 和広さん
矢崎総業
HP:http://www.yazaki-group.com/
太陽熱利用製品ページ:http://www.yazaki-group.com/solarheat/ 
矢崎総業は、自動車部品や電線、ガス・空調機器などを手掛けるメーカー。1976年から太陽熱温水器「ゆワイター」の販売をスタート。以来、太陽熱を利用した機器の研究開発、製造販売を続けている。


[関連]特集サイト 「スマートハウスナビ」


[2012/3/28 提供:SUUMOジャーナル]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


バックナンバー

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください
販売前おすすめ物件特集

 

このサイトについて

日本経済新聞社について