日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

ニュース

住友不動産、住友販売を完全子会社化 親子上場解消

 住友不動産は17日、傘下の住友不動産販売を完全子会社にすると発表した。21日から5月1日までTOB(株式公開買い付け)を実施し、出資比率を現在の70.38%から100%に引き上げる。取得額は609億円になる見通し。住友販売を完全子会社とすることで親子上場を解消し、中古住宅のリフォーム・仲介や不動産の運営管理などについての意思決定を迅速にする。


 住友販売は1975年に住友不が開発・分譲するマンションや戸建て住宅の販売を担う子会社として設立され、1998年に東京証券取引所第2部に上場した。現在は親会社の住友不と同じ東証1部に上場するが、TOBが成立した場合は上場廃止となる。住友不による住友販売株の買い付け価格は1株あたり3600円と、17日終値(2904円)を24%上回る。


>プレスリリースを読む


[2017/3/17 日本経済新聞 電子版]

バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について