日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPニュースニュース・マンション

ニュース

JR四国、16年ぶりマンション事業 収益源を多角化

 四国旅客鉄道(JR四国)は分譲マンション事業に16年ぶりに参入する。まず高松市中心部の社宅跡地に地上9階建ての物件を建設、2017年11月の完成をめざす。ノウハウを持つ都市環境開発(大阪市)との共同事業。ファミリー層を中心に利便性の高い中心部のニーズは高いとみている。JR四国は国鉄民営化後、営業赤字が続いており、収益源の多角化が課題。社有地を中心に年1件程度を展開し、鉄道事業を支える。


 新たに分譲するマンションは「J.CREST高松昭和町」。JR昭和町駅から徒歩2分で高松駅も2キロ圏内。総戸数101戸、間取りは3LDKか4LDKにする。子育て世代を意識し、国産ヒノキの内装材を使って木のぬくもりを演出するほか、天然原料の塗料にもこだわった。


[2016/4/26 日本経済新聞 電子版]

バックナンバー

住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください
販売前おすすめ物件特集

 

このサイトについて

日本経済新聞社について