日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

特集:路線価

路線価、10都府県上昇 15年分、全国は下げ幅縮小

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2015年分の路線価(1月1日現在)を発表した。全国約32万9千地点の標準宅地は前年比で平均0.4%マイナスと7年連続で下落したが、下げ幅は前年より0.3ポイント縮小した。東京、大阪、愛知の3都府県はそろって上昇。上昇は前年の8都府県から10都府県に増え、大都市を中心に回復傾向が鮮明になった。


 今年1月の税制改正で相続税の非課税枠となる資産の基礎控除が縮小した。路線価が上昇した都市部では課税対象者の拡大が見込まれる。


 三大都市圏の3都府県は、東京(2.1%上昇)と大阪(0.5%上昇)が2年連続で上昇した。愛知県は1.0%の上昇で3年連続となった。


 首都圏では、神奈川県(0.6%上昇)、千葉県(0.3%上昇)、埼玉県(0.1%上昇)がいずれも2年連続で上昇した。


 東日本大震災の被災地では、宮城県が2.5%上がり、上昇率で全国トップとなったほか、福島県(2.3%上昇)も2年連続で上がった。沿岸部からの移住希望者や復興に携わる人々を中心に住宅需要が高いとみられる。


[2015/7/1付 日本経済新聞 夕刊]

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • この記事をmixiチェックに追加
  • この記事をtwitterでつぶやく


バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について