日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

ニュース

穴吹興産グループ、太陽光発電設備をリース

 穴吹興産グループは2013年秋、太陽光発電設備のリース事業を始める。自社の分譲マンションの管理組合に太陽光発電設備一式をリースで貸し出し、組合は通常時に売電、災害時にはマンションの非常用電力として使う。初期費用がかからず組合にとっては導入が容易になる利点がある。災害に強いマンションとしての安心感を打ち出し、分譲事業を加速する。


 穴吹興産の全額出資子会社でリース事業などを手掛けるあなぶきパワー&リース(APL、高松市)が運営する。APLと管理組合がリース契約を結ぶ。リース料は年間44万円程度。設置する太陽光発電設備の発電容量は10キロワットで、電力会社に年間を通じて販売すれば47万~49万円程度の収入になるという。


> 特集サイト 「スマートハウスナビ」 へ


[2012/10/31 日本経済新聞 電子版]

バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について