日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

ニュース

都内の災害時緊急道路沿いの建物、耐震化82%で伸び悩み

 東京都は25日、災害時に緊急車両が通る「特定緊急輸送道路」の沿道建築物の耐震化率が82.7%だったと発表した。旧耐震基準で建てた建物の改修が進まず、耐震化率は半年前に比べて0.8ポイントの上昇にとどまった。都は東京五輪前の2019年度末までに90%、25年度末までに100%にする目標を掲げている。


 特定緊急輸送道路の沿道建築物は計1万8464棟あり、16年末時点で1万5269棟が耐震性を満たした。この結果、耐震性が不足する建物は3008棟、耐震診断をせず耐震性が不明な建物は187棟となった。


>プレスリリースを読む


(プレスリリースより抜粋)

[2017/1/26 日本経済新聞 電子版]

バックナンバー


※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について