日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPプレスリリース

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2017/03/09

三井ホーム、高遮音床仕様「Mute45」を開発し販売開始

住宅業界最高レベル(※1)の高遮音床仕様

「Mute45(◇)」を新開発

 

 ◇ロゴは添付の関連資料を参照


 三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:市川俊英)は、高遮音床仕様「Mute45」を開発し、2017 年 3 月 9 日より販売を開始致します。


■Mute45 の特徴

 ・床衝撃音を一般的な鉄骨住宅(ALC厚 100mm)に比べ約4分の1に軽減(※3)

 ・上階の騒音ストレスを Mute50 を上回るレベルで低減(※3)


 昨今、入居者のライフスタイルが多様化する中、賃貸住宅に対する質的要求水準は高まる傾向にあります。特に遮音性能については、民間調査機関の調べにおいても 46.1%(※3)の賃貸住宅入居者が不満を抱いているという結果が出ており、遮音性能向上は、高品質な住宅を求める入居者の満足度を高める重要なポイントとなっています。

 この度開発した「Mute45」は、当社が 2017 年 1 月に賃貸住宅に標準採用した「Mute50」の遮音性能をさらに上回る住宅業界最高レベルの床遮音性能「L-45」(※3)を実現しました。重量衝撃音(LH)及び(※3)軽量衝撃音(LL)(※3)の両方について一般的な鉄骨住宅の床遮音仕様(ALC 厚 100mm相当)と比べ、約 4 分の1に軽減します。(「Mute50」は、約 3 分の 1 に軽減)

 「Mute45」は、当社独自の制振パッド(※4)を採用した特許技術「Mute50」の高い衝撃吸収性能と優れた歩行感を活かしながら、さらに下階への衝撃音を抑えるための様々な技術を付加しました。例えば下階の天井を支持する吊天井根太を新設し、その接合部材に独自の防振天井根太受金物(※5)を採用致しました。これらの技術付加により木造でありながら一般的に遮音性能が優れるとされるスラブ厚 270mm の RC 造マンションを超える住宅業界最高レベルの遮音性能「L-45」を実現しました。

 この度、当社は「Mute45」を賃貸住宅にオプション採用することにより、これまでの木質系賃貸住宅には無い高い遮音性を達成し、プレミアムモノコック構法による耐震等級3の高耐震性や高水準の断熱性の推進と合わせ、賃貸住宅の高い居住性を実現していきます。


 ※1 自社調査による。

 ※2 共同住宅・重層長屋商品で対応します。

 ※3 別添資料 1「L値について」を参照ください。

 ※4 別添資料 2「制振パッドについて」を参照ください。

 ※5 別添資料 3「防振天井根太受金物について」を参照ください。


 *参考画像・資料1~3は添付の関連資料を参照

 

◆本件に関するお問い合わせ先

 フリーダイヤル

 TEL:0120-81-2431

 

 



住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について