日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPプレスリリース

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2017/03/13

大京穴吹不動産、武庫川女子大との産学連携プロジェクトで学生の考案した“理想の住まい”プランを採用し住戸を施工

大京穴吹不動産と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト

学生の考案した“理想の住まい”プランを採用し、住戸施工

~家事がしやすく、親子のコミュニケーションを考えた間取り~

 

 大京グループで不動産流通事業を手掛ける株式会社大京穴吹不動産(本社:東京都渋谷区、社長:海瀬和彦、以下「大京穴吹不動産」)と、武庫川女子大学(所在地:兵庫県西宮市、学長:糸魚川直祐)の生活環境学部生活研究科環境学科三好研究室(生活環境学部長・研究科長:三好庸隆教授)は、2016年7月より社会的テーマとなりつつある「マンションのリノベーション」についての実践的研究を産学連携で取り組んできました。

 この取り組みの中で、三好研究室は、大京穴吹不動産が一棟トータルリノベーションを行い販売するマンション「グランディーノ西宮 悠学の邸」(西宮市、地上6階建て、総戸数70戸)の住戸一戸についてリノベーションプランニングを担当、このたび同プランを取り入れた住戸を施工しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.大京穴吹不動産と武庫川女子大学の産学連携プロジェクト

 大京穴吹不動産は、2016年4月に西宮市の元社宅マンションを一棟リノベーションマンション「グランディーノ西宮悠学の邸」として再生し、販売しておりますが、2016年7月より同市の武庫川女子大学の三好研究室と産学連携プロジェクトとして「マンションのリノベーションに関する実践的研究について」の覚書を締結し、社会的テーマとなりつつある「マンションのリノベーション」に関する実践的研究に取り組み始めました。

 これは、三好教授がこれまで取り組んできた「ニュータウンの再生」「郊外生活環境再生」などのテーマと、大京穴吹不動産のマンションリノベーション事業という再生をテーマとした取り組みが結びついたことによります。

 プロジェクトでは三好研究室の学生が卒業研究として、同マンションの住戸一戸を“理想の住まい”としてリノベーションするプランを5カ月にわたり検討しました。

 その結果、2016年12月、「家事がしやすく、親子のコミュニケーションを考えた間取り」(「2.採用したプラン」参照)をテーマにした“理想の住まい”をプラン化することに決定しました。

 このたび建設準備が整い、同住戸プランに沿って工事を着工し、3月末に竣工する運びとなりました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

以上

 

 


住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について