日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2017/03/21

YKK AP、国土交通大臣認定防火設備商品の玄関スライディングドア「防火ドアGシリーズ コンコード」を発売

狭小の防火地域に利便性と安心を届けるスライディングドア

「防火ドアGシリーズ コンコード」発売

 

 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、国土交通大臣認定防火設備商品の玄関スライディングドア「防火ドアGシリーズ コンコード」を2017年4月3日から全国発売します。

 開閉スペースが限られる都市部の狭小地は、防火地域であることが多く、開きスペースを抑えつつ防火仕様を備えたスライディングドアが望まれます。

 2016年7月に発売した非防火仕様の断熱スライディングドア「NEWコンコード」は、引戸ならではのスペースが有効活用できる利便性や、引戸系では業界初のハンドル一体型電気錠「スマートコントロールキー」による機能性、また扉デザインと調和する「木調色枠」などによるデザイン性が好評で、非防火の従来品と比べ約3割アップの実績で好調に推移しています。今回発売の「防火ドアGシリーズ コンコード」は、その「NEWコンコード」の特長を有しながら、個別防火認定を取得した商品です。

 断熱性能(U値)については、形材断熱枠と鋼板断熱パネルを採用し、防火の従来品(4.65W/(m2・K))と比べ1ランク上の3.49W/(m2・K)以下(※1)を実現。扉デザインは、シンプルな無採光からスリット採光、そして「NEWコンコード」でも人気の横木目柄も設定し、防火地域においても多様な住宅外観ニーズにお応えします。

【ポイント】

 ◎引戸ならではメリットが開きスペースの限られる狭小の防火地域に最適

 ◎従来品より1ランク上の断熱性能(U値)3.49W/(m2・K)(※1)以下を実現

 ◎業界初の引戸用「スマートコントロールキー」を標準搭載

 ◎業界初の木調色枠と、幅広い扉デザインを設定

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 ※1:記載している断熱性能 熱貫流率(U値)の値は全て、代表評価モデルの「JIS A 4710 建具の断熱性試験方法」または「JIS A 2102 窓およびドアの熱性能―熱貫流率の計算」に準拠した自社計算プログラムにより確認した結果です。

 *商品特長などリリース詳細は添付の関連資料を参照

 

<お客様からのお問い合わせ先>

 YKK AP株式会社 お客様相談室

 一般のお客様 TEL:0120-20-4134

 http://www.ykkap.co.jp

 

 



※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について