日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPプレスリリース

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2017/03/21

大和ハウスなど、分譲マンション「プレミスト大津 ステーションレジデンス」を着工

総戸数 197 戸、JR「大津駅」近接・住商一体の分譲マンション開発

分譲マンション「プレミスト大津 ステーションレジデンス」着工

 

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)と南海不動産株式会社(本社:大阪市、社長:口野繁)、南海電気鉄道株式会社(本社:大阪市、社長:遠北光彦)、オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:高橋豊典)の 4 社は、2017 年 5 月 1 日(月)、JR 東海道本線「大津駅」徒歩 1 分の希少立地に分譲マンション「プレミスト大津 ステーションレジデンス」を着工します。


 *外観イメージは添付の関連資料を参照


 「プレミスト大津 ステーションレジデンス」は、大津市にて 42 年間営業してきた商業施設「アル・プラザ大津」の跡地に建設されるもので、「大津駅」徒歩 1 分の立地を最大限に活用した、大津駅前エリア最大供給戸数(※1)の住商一体型分譲マンションの開発となります。

 本物件は、滋賀県内だけではなく、京都・大阪など周辺エリアからのお客さまのニーズにも応えるよう、1LDK~3LDK の多彩なプランを用意するとともに、「ゲストルーム」や「パーティールーム」の設置をはじめ、日常生活をサポートする「コンシェルジュ」も配置します。

 分譲マンション「プレミスト大津 ステーションレジデンス」は、交通利便性に富む場所に建設される、共用施設も充実した大津の新たなランドマークとなるマンションです。


 ※1.2017 年 2 月末現在、大和ハウス工業調べ。「大津駅」を最寄り駅とする分譲マンションで過去最大の供給戸数。


●ポイント

1.商業施設「アル・プラザ大津」跡地での分譲マンション開発

2.利便性と自然・文化を体感できる分譲マンション

3.スケールメリットを活かした充実の共用施設とサービス


 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 


住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について