日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2016/12/02

ユニフロー、「スイングドア」に不燃材料を使用した特注仕様を追加し受注開始

スーパーマーケットの開口部の定番

<スイングドア>に業界初の不燃仕様を追加し、受注開始



 業務用機能ドア・シャッターを手がける株式会社ユニフロー(本社:東京都品川区、代表取締役:石橋さゆみ)は、<スイングドア>に業界で初めて不燃材料を使用した特注仕様を追加、2016年12月上旬から受注開始します。

 スイングドアは、軽いタッチで開き、扉の重さで自閉する機能ドアです。手が塞がっていても通行が容易で、作業効率を高めるドアとして店舗や工場の開口部で幅広く使用され、特にスーパーマーケットでは定番の製品です。今回、定評ある機能性をそのままに「不燃ドア(※)」化したことで、従来は適さなかった防火区画(建築基準法が定めた、火災時に延焼を防ぐために耐火構造で作られた区画)へも設置可能範囲が拡大します。


 ※不燃材で製作したドアを意味し、建築基準法における防火戸ではありません。


 *参考画像・仕様は添付の関連資料を参照


<開発の背景>

 公共・商業施設などの不特定多数の人が利用する施設では、避難時の安全性を確保するため、本来は建築基準法の内装制限(建物内部の火災発生時、避難を妨げる状況がないよう壁・天井などに不燃材料の使用を義務づける規定)の対象外であるドアにも不燃材料・難燃材料の使用を要求される事例が増えています。

 スイングドアは幅広い業態の店舗で採用されていますが、部材に非不燃材料を使用しているため、不燃材料の使用が要求される防火区画への設置には適しませんでした。今回の製品は、「防火区画においてもスイングドアを使用したい」というお客様の根強い要望にお応えし、構成部材をすべて不燃材料に再設計したものです。

 今春「JAPAN SHOP 2016」に出展した試作品も非常に好評を博しました。

 日本で最初にスイングドアを発売し、約40年間市場をリードしてきたユニフローは、新コンセプトの製品の発売を通じて自社ブランドと需要の活性化を図ります。


 ※製品の特長、会社概要は別紙をご参照ください。


<別紙>


 *添付の関連資料を参照








※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について