日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2017/02/22

オプテックス、屋外通路用センサー調光型LED照明のソーラーパネルタイプと電源タイプ2機種を発売

事業所で働く人たちの安全をまもる屋外通路用センサ調光型 LED 照明を発売

~注意ナビ灯で歩行者の存在を「気付く」「知らせる」~

 

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、屋外通路用センサ調光型LED照明のソーラーパネルタイプと電源タイプ2機種を3月1日より発売します。本製品は、事業所・施設の敷地内通路や側道において、人の通行時に点灯する照明として、また有事の際に速やかにかつ安全に避難できる非常用照明としての役割を兼ね備える屋外通路に特化した製品です。


 ※製品画像は添付の関連資料を参照


 屋外照明を設ける場合、設置環境や目的に最適な照明を選択し、夜間の歩行・通行人の安全と安心を確保することが大切です。しかし夜間、人の往来が少ない事業所・施設の敷地内通路や側道において、目的や用途に合致した照明が設置されていないというのが現状です。例えば、電源がとりにくいなどの理由で、設置したい場所に取り付けられないという問題や、適切な場所に設置できないことにより人がいなくても無駄に照明が点灯していたり、人が歩行していても照明が点灯していないといった問題などがあります。このたび発売する当社の照明は、このような問題を解決する屋外通路向けの照明として、歩行者の安全と視環境を配慮した設計を行っています。


【特長】

1.道の形状に合わせた明かり

 バー状の照明により、足元だけでなく最大 20 メートル先まで照らすことができます。

 照明は道路の形状に合わせて可変できるため、まっすぐな路だけでなく見通しが悪い曲がり角でも、照らしたい場所を照らし、無駄なところに光を作りません。


 ※参考資料は添付の関連資料「参考資料1」を参照


2.センサによる最適タイミングの点灯

 センサの人を検知するエリアが路に沿ってひろく、通行者を早く検知することで、最適なタイミングで照明を点灯します。


 ※参考資料は添付の関連資料「参考資料2」を参照


3.注意ナビ灯で気付く、知らせる

 バー状の照明部の左右先端の赤色 LED(注意ナビ灯)が点灯し、そこに人がいることを知らせます。これにより、周囲に注意を促し、通行者の安心にも繋がります。


 ※参考画像・リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 




※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について