日本経済新聞 関連サイト

住宅サーチ for Premium Life

TOPプレスリリース

プレスリリース

企業や団体などのプレスリリース(報道機関向け発表資料)を原文のまま掲載します。プレスリリースの内容に関するご質問、お問い合わせはそれぞれの発表者にご連絡ください。

発表日
2017/03/08

JFEスチールなど、けい酸カルシウム板耐火被覆厚の低減と認定取得を発表

建築構造用冷間ロール成形角形鋼管との組み合わせによる

けい酸カルシウム板耐火被覆厚の低減と認定取得について

 

 このたび、JFEスチール株式会社(以下、「JFEスチール」)は、日本インシュレーション株式会社(以下、「日本インシュレーション」)の技術協力のもと、建築構造用冷間ロール成形角形鋼管(以下、「冷間ロールコラム」)の「JFEコラムBCR」(※1)を使用した鋼管柱に限り、耐火被覆材料であるけい酸カルシウム板(※2)の厚みを40%以上低減させ、国土交通大臣より耐火構造(※3)の認定を取得しました。


 耐火を目的とした被覆材料やその厚みは、建築基準法および関連法規で定められた要求性能(※4)に応じて、評価機関による所定の耐火試験で検証され、国土交通大臣より認定されます。JFEスチールは、耐火被覆材料と冷間ロールコラムそれぞれの熱特性を解析し、最適な仕様で組み合わせることにより、被覆厚を低減させながら耐火性能を確保する開発を行っています。今回、施工が簡単なけい酸カルシウム板を対象に、JFEスチールの「JFEコラムBCR」と日本インシュレーションの「Jタイカ」との組み合わせで、従来は35mmだった被覆厚を20mmに低減し、2時間耐火認定を取得しました。これにより、「JFEコラムBCR」が使用される鉄骨造建築物において、耐火被覆工事費削減と柱の仕上げ寸法縮小による居室有効面積の拡大が可能になります。


 さらに、今回の認定取得に加え、建物の外周部にある鋼管柱など、外壁を耐火被覆の一部として活用する合成耐火構造についても、鉄骨造建築物で使用頻度の高い外壁材であるALC板(※5)を対象に、「JFEコラムBCR」と「Jタイカ」の組み合わせで、2時間耐火の認定取得を3月中に見込んでいます。


 JFEスチールグループおよび日本インシュレーションでは、今後もお客様のニーズに応じた建材商品の開発に努めてまいります。


 *写真などリリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 


住まいを探す

エリアを選択
駅名・地名を入力
新築マンション、中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、土地、賃貸物件を、地図からまとめて検索できます。
おすすめ情報(PR)

※正しく表示されない場合はしばらくお待ちいただくか
こちらのリンクをクリックしてください

 

このサイトについて

日本経済新聞社について