今月の特集 プロが教える失敗しない家づくり

プロが教える失敗しない家づくり

家づくりで迷った場合、まずは無料相談などで専門家に相談するところから始めたい。しかし、子育てに忙しいなどの理由で、外出が難しい人も多いのでは。そこで、生活や悩みに合わせて利用できる様々なサービスを紹介してもらった。

あなたに合ったサポートプログラム

ライフスタイルに合ったサポートプログラムを見つけて

村上春奈氏

─住まいづくりに関する様々なプログラムから、
 何を選択したらいいのでしょうか?

 住まいづくりナビセンターでは住まいの計画書づくり以外にも、ファイナンシャルプランナーに資金の相談ができる建築資金相談など多彩なプログラムを用意しています。しかし、住宅に関する悩みは人それぞれで、必要なものを判断するのは難しいと思います。まずは一度、「初回無料相談=ナビゲーション」にお越しいただくのが一番ですね。ナビゲーションでは、お客様の住まいの状況に合わせて最適なプログラムをご案内いたします。
 ただ、住まいづくりを検討されている方の中には子育てや介護などで家を空けられなかったり、遠方ですぐにセンターに来られない方もいらっしゃいます。そういった方には「住まいのきづき2プログラム」という通信型のサポートサービスを用意しています。また今すぐには住まいづくりの計画がないという方でも、よくある住まいの疑問に対して専門家の知識を交えながらまとめた電子書籍は、入門段階としてお薦めです。
 生活の中で負担を感じないように、自分に合ったサポートプログラムを利用して住まいづくりに役立ててください。

住まいについて気軽に学ぶ本
「一級建築士が教えます」シリーズ電子書籍

一級建築士のアドバイスと共に、住まいについて考える時に知っておきたいポイントをわかりやすく紹介する電子書籍をダウンロードできます。

住まいづくりの知っとこ!
無料第1弾「住まいづくりの知っとこ!」
ダウンロードはこちら
  • iBooksからダウンロード
  • Google playで手に入れよう
  • amazonkindle
住まいづくりはじめの“?”
無料第2弾「住まいづくりはじめの“?”」
ダウンロードはこちら
  • iBooksからダウンロード
  • Google playで手に入れよう
知ってて良かった!住まいの安心
無料第3弾「知ってて良かった!住まいの安心」
ダウンロードはこちら
  • iBooksからダウンロード
  • Google playで手に入れよう

通信添削形式で自分たちの住まいづくりについて学ぶ「住まいのきづき2プログラム」

遠方で住まいづくりナビセンターに通うのが難しい方、子育てや介護などで外出しにくい方のための通信添削形式のプログラム。生活スタイル、住まいづくりの流れ、予算、敷地、間取りという5項目について、ワークシートに記入し郵送すると、住まいのナビゲーターがコメントやアドバイスを添えて返送してくれる。

受講料 3,150円(税込)

詳しくはコチラ

住まいづくりの基礎知識はまずここからイベント・セミナー・見学会

住宅展示場やショールームの見学会、住まいのづくり相談会、セミナー、展示会など、住まいづくりの実践に役立つさまざまなイベントを開催。

詳しくはコチラ

その他のサービス

住まいの情報提供

「住まいづくりのプロセス」「依頼先」「資金計画」「土地の探し方」「間取りの読み方」「住み心地」「長期優良住宅」など、住まいづくりの基本的な情報を無料で説明するプログラム。大きく15項目 に分けられたメニューの中から、自分の知りたい項目をダイレクトに聞くことができる。基本的な情報収集と住まいづくりを考えるヒントを得られる。

詳しくはコチラ ≫

住まいのコンサルティング

相談者の個別の課題に対して、一級建築士である住まいのナビゲーターに相談できるプログラム。個々の状況に応じて必要な情報提供と丁寧なアドバイスをしてくれる。
1時間2,000 円(税込)
※価格はすべて2014年12月現在

詳しくはコチラ ≫

住まいの相談

資金に関するお悩みや住宅ローン利用にあたってのライフプランニングのシミュレーションなどをファイナンシャルプランナーに相談できる「建築資金相談」(毎月第2・第4 土曜13:00 ~ 17:15)と、住まいづくりに伴う不動産全般について司法書士に相談ができる「法律相談」(毎月第3 土曜13:00 ~ 17:00)を用意。

詳しくはコチラ ≫

※iBooks、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※Google Play とそのロゴは、Google Inc の商標または登録商標です。
※Amazon、Kindleおよび、Amazon KindleロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

ページTOPへ戻る