TOPLiving Styleクリエーターたちの挑戦

クリエーターたちの挑戦
Yonetomi Yuko
米冨裕子さん(環境デザイナー)
壁画や彫像など幅広い注文に応じるアート工房
問「ファクトリーというだけあって、大きな工房ですね」
 壁画やモニュメントのデザイナーには、下絵を描くだけという人が多いけれど、ここではデザインから制作・取り付けまで、全部自分たちの手でやります。ベニヤ板に壁画を描いたり、モニュメントを制作したりと、大きなものを扱いますから、広い空間が必要なんです。金属の切断や溶接のような荒っぽい作業もするので、共同体の名前も「アトリエ」とか「スタジオ」じゃなくて、「ファクトリー」としました。
所沢市立こばと児童館 壁画 所沢市立さくら児童館 壁画
問「共同体としては、どんなふうに仕事を分担しているのですか」
 メンバーは彫刻家の佐々木実先生を中心に、私とアシスタントの3人。必要に応じて、ほかのアーティストに招集をかけることもあります。

 私は、主に壁画など平面の仕事を担当していますが、全体としては共同作業ですね。例えば、私がデザイン画を描いて、先生が制作することもありますし、その逆もあります。仕事の内容によって、責任者もその都度変わるわけです。

 立体では、銅板の鍛造やブロンズのような塑像、木彫、石彫と、あらゆる材料、技法を駆使します。壁画は、現場制作のほか、壁画用シートに描いて納めるなど、注文に応じます。通常、業種別に分けて頼まなくてはならないことでも、「ファルマン」はまとめて引き受ける。「あそこに頼んだら、なんでもつくってくれるね」と言われるようにしたいんです。
佐々木さんの作品「WOMAN」横浜市栄区花の木公園

おすすめ情報(PR)