TOPLiving Styleクリエーターたちの挑戦

クリエーターたちの挑戦
Ohmaki Shinji
大巻伸嗣さん(アーティスト)消えゆく瞬間をとどめ過去を未来へつなぐ
「アートは置物ではない、生きているものでなければ」と語る大巻伸嗣さん。彼のインスタレーションは、内と外、生と滅などをテーマとしつつ、単なる対比でなく、二項の間を絶えず揺れ動くものだ。その振幅は、場所や時間、鑑賞者との関係によって変化する。常に思考し続ける人なのだろう、作品について尋ねると、あふれるように言葉が流れ出した。
 
問「大巻さんは彫刻科出身とか。彫刻には無彩色のイメージがあるのに、大巻さんの作品はとてもカラフルですね」
 元来、彫刻は彩色されていたんですよ。たとえば仏像は、あたかも生きているかのように感じさせるため、極彩色に塗られていた。今、僕らが生きている世界をリアルに感じて作品に置き換えるには、色を使うのが自然だと思ったんです。
「CONTACT」展 1999年、スカイドア アートプレイス青山 撮影/早川宏一
 「CONTACT」では、まず、世界に存在するさまざまな色のパターンを収集しようと、図鑑や事典をかき集めました。そのイメージをもとに、アクリル樹脂の玉を作って、中に何色も注入していき、そして、その玉をぎりぎりまで押しつぶす。これを1000枚制作して、つなぎました。

 1000枚の円盤には、世の中のありとあらゆるものの相似形が閉じ込められ、ぎりぎりの薄さにつぶれています。そこに、立体から平面に至る空間の過去と現在、内と外をかろうじて隔てる皮膜のようなものが感じ取れないでしょうか。
撮影/内田芳考

撮影/早川宏一

「Opened eyes - Closed eyes」1999年、東京芸術大学美術館「彫刻-具象表現の解体と構築」展
 芸大美術館での彫刻展は、「CONTACT」の手法を使って、新しい作品に発展させる絶好のチャンスでした。「CONTACT」はギャラリーという非日常空間での展示ですが、この展覧会では、美術館内の好きな場所が選べた。そこで、東京美術学校時代の古い門を利用することにしました。
 
 この門は、日ごろ閉ざされたままになっています。それを改めて開き、開いたところへアクリル樹脂の円盤のスクリーンをかける。そのことで、門が門であることの意味を問い直せるのではないか。

 開くことによって“通す”という役割を再確認し、スクリーンによって“内と外を仕分ける”という意味を想起させる。人は通れませんが、代わりに光や意識や、何かしら“違うもの”を通すことができるんじゃないかと思ったんです。

 これは彫刻展だったので、「そんな薄っぺらいものが彫刻なのか、絵画じゃないのか」と言われました。でも、彫刻と絵画の違いってなんでしょうか。

 僕は、絵画とは“異空間”をつくるものだと思う。壁に掛けられたとき、そこに別世界への窓を開くもので、現実の空間とはかかわりを持ちません。対して彫刻は、置かれたと同時に、背景も含めて作品になる。周囲の環境との関係が生まれてこそ、彫刻だと思うんです。
「Opened eyes - Closed eyes  -air corridor 2000-」2000年、「トーキョーワンダーウォール」東京都議会議事堂 南側空中歩廊 撮影/早川宏一

おすすめ情報(PR)