TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 100「白金K邸」

オブジェ風のコンクリート階段、要素をそぎ落とした空間のアクセントに


外観夜景

東側外観。4階LDKの広い開口を通して奥の階段室が見える(*)


視線が抜けて明るい4階LDK

キッチンまわりの要素を最小限に抑えたLDK。宙に浮いた流し台カウンターの端部に電子レンジを収めている。カウンター右側の扉内は食器棚。階段の向こう側に視界の開けた外部空間が見える


ガラス越しにリビングと一体化する階段室

階段室まわりはガラス張りにしてLDKと視覚的に一体化させた。階段そのものに彫塑のような存在感を与え、軽快なパイプ状の手すりと組み合わせている


3階の洋室

コンクリート打ち放しのシンプルな3階洋室。白い壁の部分は隣接する和室と収納部


階段室とつながる3階和室

廊下と階段室に対して開放的なつくりとした3階の和室。2畳分の小さな空間だが、実際の面積以上の広がりを感じさせる


間接照明が上下を照らす階段室

鉄筋コンクリート階段の踊り場部分は、床面の角を落として間接照明を仕込んだ。点灯すると光が上下を照らし、階段まわりの空間を印象的に浮かび上がらせる(*)


 37平方メートルほどの小さな敷地に建てた住宅です。建て主は50歳代の夫婦で、2人の息子さんのうち1人は既に独立しています。5階建てということもあり、約26方メートルという建築面積の中に、階段室と家庭用エレベーターを用意する必要がありました。

 前面道路がある東側に居室を重ね、西側に階段室とエレベーターを配置しています。基本的に、各階に1つの居室を置いた構成。1階にご主人の事務所と玄関、2階に水回り、3階に洋室と2畳の小さな和室、4階にリビングとキッチン、5階に洋室を置いています。

 限られた面積でいかに空間の広がりを感じさせるか。ここでは3階以上の階段室をガラス張りにし、道路に面した東面から西面まで視界が抜けるようにしました。ガラス面を通して居室から階段が見えるようにし、空間を視覚的に一体化したのです。

 また建物は可能な限り要素をそぎ落とし、ストイックな空間としています。間取りをぎりぎりまでコンパクトにまとめ、仕上げはコンクリート打ち放しにしました。キッチンも最小限に収め、流し台のカウンターを宙に浮かせることで視覚的な広がりを確保しています。

 無駄な要素を排した建物にあって、空間の見せ場となるのが階段です。視界を遮るもののないガラス張りの空間を鉄筋コンクリートの階段が斜めに横切ります。手すりは細いパイプ状とし、彫塑(ちょうそ)のような階段の存在感を浮き立たせるようにしました。

 階段は構造上の役割も担うため、その分、壁を減らして広い開口部を確保できます。また踊り場の床面の角を三角形に切り取り、そこに電球をはめ込みました。夜になるとこの間接照明が上下の空間を照らし出します。

 鉄筋コンクリート打ち放しのストイックな空間は、建て主の要望の1つでした。素材の数を減らすことによって、コスト削減の効果もあります。

 一方で、階段部分の施工はなかなか大変でした。面積が小さいうえ、両側に壁がない場所に斜めのコンクートを打つのは難しい。施工者には苦労をかけましたが、結果としてとても効果的な階段に仕上がったと感じています。

 住宅には生活が伴いますから、設計の方向性は建て主の価値観に左右されるものです。ただ、そうした条件の下でユニークな建物を生み出したいという意識を常に持っています。

 私の目指すユニークさとは、要素をそぎ落としたシンプルな空間のどこかに面白さを感じさせる建物です。今回、照明を階段の床に埋め込んだのは要素を減らしていく方向性から生まれた手法ですが、同時に面白い効果をもたらしています。こうしたプラスアルファの独自性を常に模索していきたいと考えているのです。
(佐藤宏尚/佐藤宏尚建築デザイン事務所)

白金K邸

建築データ
  所在地: 東京都港区
  家族構成: 夫婦+子1人
  竣工: 2006年3月
  敷地面積: 36.82平方メートル
  建築面積: 25.83平方メートル
延べ床面積: 122.59平方メートル
  構造・規模: 鉄筋コンクリート造り、地上5階建て
施工: Sobi
設計: (建築)佐藤宏尚/佐藤宏尚建築デザイン事務所、(構造)加藤貴志/アルファ構造デザイン事務所
  写真: 平井広行(*付きは佐藤宏尚建築デザイン事務所)
連絡先  
  佐藤宏尚建築デザイン事務所
  代表: 佐藤宏尚
  住所: 〒108-0073 東京都港区三田2-12-5オープンスタジオNOPE
TEL: 03-5443-0595
FAX: 03-5443-0667
E-MAIL: webmaster@synapse-net.jp
URL: http://www.
synapse-net.jp/
平面図
おすすめ情報(PR)