TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 131「HOUSE wt」

大空間の“抜け”と囲われた中庭、外部とのつながりを意識した家


畑に対して大開口を配した南側外観

畑と住宅地の間に建つ箱形の住宅。1階と側面は黒いガルバリウム鋼板の壁と塀で外部を覆ったのに対し、2階の南面は畑に向けて大きなガラス面として“抜け”のある空間をつくった


大きな開口と柱のない大空間をもつ2階リビングダイニング

幅11メートル、奥行き4.7メートルの大空間としたワンルーム状のリビングダイニング。床から天井までの大開口は、左右に1カ所ずつ引き戸を設けたほかは、はめ殺し窓にした。大空間を保たせるために、ガラスを支える木製枠は2カ所に鉄骨を内蔵している(*)


リビングダイニングとワークスペース

正面は床を掘り下げて設けたワークスペース。リビングの床と同じ高さのデスクを壁面沿いに設置し、本棚を造り付けた。床材にはローズウッドのムク材を使用。天井は畑の見える開口に向かって広がるようにわずかに傾斜させている


1階を貫通する土間と階段

建物を東西に貫く土間。寝室や浴室へ導く右手の廊下、左側の離れ、2階へと続く階段を結び付ける主要動線に当たり、ご主人の作業場にもなる


引き戸を開放すると土間と一体になる1階離れ

畳を敷いた1階の離れ。土間を介して、明るい南庭とつながっている。室内の壁はラワン合板にオイルステイン・ワックスを塗って仕上げている(*)


落ち着いた雰囲気の離れと北庭

1階の離れと北庭。低い位置につけた窓によって視線を抑え、塀で囲まれた北庭の静かな雰囲気を味わえるようにした


南庭を取り囲む濡れ縁

手前にある寝室と向かい側にある浴室を結ぶ南庭。広い濡れ縁をコの字形に回し、日常生活の中で屋外空間をより身近な存在として感じられるようにした(*)


 ワンルーム状のリビングダイニングを配した2階と、個室や水回りをまとめた1階で対照的な空間構成をもつ家です。建て主は若い夫婦。設計に際しては、外部に対する“抜け”や外部との緩衝空間を設けることを意識しました。

 2階は、外への抜けを強く意識したゾーンです。南側と北側を床から天井までの大きなガラスで覆い、開放的な大空間としました。南側の開口の向こうには大きなテラスが続き、その先にはのどかな畑の風景が広がります。

 大きなワンルーム空間を支えているのは、ホームコネクターと呼ぶ木造住宅の工法です。木の接合部分を棒状の金属で補強することによって、一般の木造建物に比べて柱や梁(はり)の間隔を広く確保できるのです。ここでは東西方向に11メートル、南北方向に4.7メートルという広さの無柱空間を実現しました。

 リビングダイニングの端にはL字形に飛び出るようにキッチンを配置し、反対の壁沿いにはワークスペースを用意しました。ワークスペースでは床を掘り込み、直線状のデスクを造り付けています。デスクは2分割し、家に作業を持ち帰るご主人と在宅で仕事をしている奥さんのスペースをそれぞれ確保しました。

 一方、1階では南と北に二つの中庭を設けて高い塀で囲み、外部からの視線を遮りました。

 建物は、千葉県市川市内の郊外に位置しています。北側に面した道路の先は住宅地。ちょうど市街地と畑の境界線に立地しているのです。近くには川が流れ、強い風が吹く。周囲を塀で覆ったのは、砂ぼこりが多い土地柄なので、ちりを防ぐという目的もありました。

 1階の中央には、東西を貫くように土間を配しました。ここは日曜大工や薪(まき)割りをするご主人のための作業場です。お子さんが生まれたらちょっとした水遊びもできるようにと、床面はたたきの上にツヤなしの防水塗装を施しました。

 土間の南側には、南の庭を囲むように夫妻の寝室と洗面、浴室を並べました。さらに、南庭をぐるりと巡る広い濡れ縁も設置しています。

 土間の北側は、北庭に面した離れとトイレです。離れの和室と北庭の間には低い位置に窓をつけて、落ち着いた空間となるようにしました。客間や将来お子さんができたときの子ども部屋として想定しています。今のところは夏の夕涼みなどに使っているようですね。

 この家は140平方メートルという広さをもちながら、間取りは2LDKです。コンパクトに機能をまとめた家とは対照的なつくりといえるでしょう。

 例えば2階のリビングや1階の寝室からトイレに行く際は、一度サンダルに履き替えてから土間を通ります。浴室を使うときも、南庭に面した廊下を少し歩きます。一見、無駄な動線と思うかもしれませんが、けっしてそうではありません。

 家のあちこちにちょっとした居場所があり、場所や時間によって異なるシーンが見える。こうした場所は、生活の中で新しい行為を生むための大切な要素となるのです。
(河内真菜/河内建築設計事務所)

HOUSE wt

建築データ
  所在地: 千葉県市川市
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2007年8月
  敷地面積: 356.85平方メートル
  建築面積: 99.07平方メートル
延べ床面積: 145.29平方メートル
  構造・規模: 木造、地上2階
  設計: (建築)河内真菜/河内建築設計事務所、(構造)加藤征寛/MI+D建築構造研究所
  施工: 杉本興業
  写真: 渡部信光
(*付きを除く)
連絡先  
  河内建築設計事務所
  代表: 河内真菜
  住所: 〒171-0033 東京都豊島区高田1-36-21 ハイツ第2目白302
TEL: 03-3986-0095
FAX: 03-3986-0304
E-MAIL: mana@kkas.net
URL: http://www.
kkas.net/
平面図
おすすめ情報(PR)