TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 143「栃木小山I邸」

チューブのような一筆書き空間、家並みの続く街に見立てる


浮かぶような屋根を架けた平屋建ての外観

新興住宅地の一角にある建物は、奥に向かってU字形に湾曲して延びている。白い壁の内側は箱状になっていて、キッチンや個室、水回りなどを収める。箱の上には、ガラス張りの空間を介してフラットバーで支えられた軽い鉄骨造りの屋根が架かる


犬と遊べるようにした中庭空間

U字形に屈曲した建物の間は、コンクリート平板ブロック敷きの中庭。飼い犬のブラックラブラドールレトリバーと遊べるようにした。中庭には、右手のリビングダイニングから出入りできる


黒い箱と白い天井を対比させた室内空間

リビングダイニング。外観とは一転して、黒い塗装の落ち着いた雰囲気にした。キッチン、テレビ台のある収納棚、ピアノ置き場などが入る黒い箱を並べ、高い天井に覆われた白い空間で全体をつないでいる


建物を貫く廊下と寝室

寝室やクローゼットの黒い箱が並ぶ空間を、道路に見立てた廊下が結び合わせる。奥に見えるのはご主人の書斎を兼ねた和室の寝室。掘りごたつや書棚も用意し、くつろげる空間とした


ガラス越しに中庭が見える廊下

折れ曲がって延びる廊下の角には、全面ガラスを通して中庭と接するコーナーを設けた。黒い箱以外の部分は、ガラス張りの“抜け”の空間として位置付けている


子ども室に挟まれた共用スペース
建物の最奥部は、2つの子ども室と子どものための共用スペースに充てた。共用スペースは床から天井までガラス張りにしている。左の壁のすりガラス内部は浴室


黒い箱の中の子ども室

窓に向かって造り付けの机を設置した。天井には四角い窓を開け、上部から光を取り入れている。将来、はしごを取り付け、箱の上に出られるようにすることも可能だ



 チューブのように曲がりくねった平面形をもつ住宅です。

 “先が少し折れたU字形”の建物を、敷地いっぱいに配置しました。先端にある玄関を入るとまずワンルーム状のリビングダイニングが現れ、その奥に家事室、2つの寝室、共有スペースを備えた2つの子ども室や水回りが一筆書き状に連続します。

 個々の部屋は独立させたつくりです。ただし建て主の要望で、家族それぞれの気配を常に感じられるようにしました。

 例えば、2人の男の子が自室へ行くにはリビングダイニングや寝室の横を通り抜けなければなりません。両親が水回りを使う際には、子どもの共有スペースから入る必要があります。動線上は一番離れているリビングダイニングと子ども室も、中庭を介して向かい合っているので互いの様子はよく見えます。

 空間をつくり上げる際には、住宅全体を街に見立てました。キッチンや寝室、子ども室、クローゼット、水回りなど個々の要素を家のような黒い箱に収めて並べ、道のような廊下で結んでいます。街に点在する家(箱)の中で、家族のアクティビティー(活動)が行われる。そんな風景をイメージしました。

 黒い箱状の壁は構造体を兼ねたもので、露出させた間柱の間には棚板を取り付けて本棚など収納に利用しています。一方、黒い箱以外の空間は一体化させました。箱の上部には浮かび上がるような形で鉄骨造りの屋根を1枚載せ、家全体を軽く覆いました。

 竣工して1年たちました。実際に住んでみると、ぐるぐる歩き回るのが楽しい家になっているようです。小学生の弟は友だちが来ると、箱の上を伝って遊んでいるとか。ブラックラブラドールレトリバー犬を飼っているので、室内の動線距離が長いのもちょうどいい運動になります。

 今回は敷地に余裕があったため、あえて平屋建てにしました。平屋の住宅は階によって空間が分断されることもなく、家族のコミュニケーションを取りやすいのが利点です。天井の高さも比較的自由に設定できます。

 ここでは、箱部分の天井を2.2メートルに抑える一方で、吹き抜け部分は3.3~3.7メートルという高さとして、広がりのある空間を確保しました。

 住宅を設計する際に意識しているのは、家族のアクティビティーを反映し、密なコミュニケーションを図れる空間づくりです。家族が楽しく住めるように誘発できる空間を提供したい。そのためにも、どのような生活をしてどのような価値観をもっているのか、建て主の言葉から拾い取ることを心がけています。
(飯塚拓生/飯塚拓生アトリエ)

栃木小山I邸

建築データ
  所在地: 栃木県小山市
  家族構成: 夫婦+子ども2人
  竣工: 2007年7月
  敷地面積: 274.55平方メートル
  建築面積: 137.04平方メートル
延べ床面積: 137.04平方メートル
  構造・規模: 木造・屋根鉄骨造り、平屋建て
  設計: (建築)飯塚拓生/飯塚拓生アトリエ、(構造)大野博史/オーノJAPAN
  施工: アライ
  写真: 齋部功
連絡先  
  飯塚拓生アトリエ
  代表: 飯塚拓生
  住所: 〒112-0011 東京都文京区千石4-25-10
TEL 03-5976-0396
FAX 03-5976-0469
E-MAIL: ti_atl@nifty.com
URL: http://
homepage2.nifty.com/tiat/
平面図
おすすめ情報(PR)