TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 154「凹屋根の家」

空に開く凹型の屋根、北向きの中庭に光を呼び込む


屋根の向こうに空だけを望む中庭

中庭テラスの夕景。隣家の姿は屋根に隠れ、外には空だけが広がっているように見える。シンボルツリーはメープル。植栽部分以外には60センチ角の磁器タイルを敷いた


道路に向かって開く変則コートハウス

道路側外観。中庭に向かって屋根が下がる、すり鉢状の建物。コートハウス形式ではあるが、中庭を街に開き、緑の眺めと光を道路にも提供する


高窓から南の光を採り入れる

リビング・ダイニングからキッチン方向を見る。写真の中庭は北側にあたる。南は隣家が迫っているので、スリット状のハイサイドライトを設け、隣家の屋根越しに光を採り入れる


こう配天井に覆われたすっきりした内部空間

鉄筋コンクリートの柱に木造の屋根を架けた空間。写真左手の白いベンチは、柱の外に張り出している。正面の白い壁の奥は和室、階段はアトリエに続く


ダイナミックな屋根の構造を見上げる和室

法事などに使われる予備的な和室。天井は省いて屋根の構造を見せている。2方向から下がる屋根の境目の部分を内側から見上げる


傾斜屋根の下に隠れたアトリエ
ガレージの上にあたる、ロフトのような空間は夫の趣味のためのアトリエ。リビング・ダイニングとは直交する空間で、音はあまり聞こえないが中庭越しに視覚的につながる

中庭に面した明るく風通しのいい浴室

1階の床は中庭のテラスと同じタイルで連続する。浴室も洗面・トイレも中庭に面して並んでいる


 建て主は那須塩原に住む50歳前後のご夫婦。昔建てた家がそろそろ古くなり、日当たりも悪かったことから建て替えを考えたそうです。新居には、明るく開放感のあるリビングと、リビングに連続するテラス、生活空間から切り離された趣味のアトリエが欲しいという希望でした。

 那須塩原といえば豊かな自然を思い浮かべますが、この敷地は国道に近く、周りは古びた住宅に囲まれています。それでも、空は広く青く、遠く那須の連峰が望めます。

 敷地は約80坪と、夫婦2人暮らしには十分なゆとりがあります。日当たりを重視するなら建物を北側に寄せて建て、南を空けるのが常とう手段でしょうが、南面には隣家が建っており、眺めは良くありません。一方、北は前面道路で、那須連峰の方向にあたります。

配置図
配置図


 そこで、あえて北向きに中庭テラスを設け、その周りに建物をコの字型に配するプランを提案しました。道路に対して開く、変則的なコートハウスです。

 中庭は7.2メートル角と広いので、生活空間と道路との間には十分な距離が取れます。道路面には木の格子の塀(へい)を立て、適度に視線を遮ります。道路寄りにメープルの木を植えて、室内からはもちろん、道路からも樹木の眺めを楽しめるようにしました。

 屋根は、建物の外周から中庭に向かって低くなる、「凹型」の形状です。こうすることで、北の庭にも十分な日照が確保できます。室内では、南面の高い部分にハイサイドライトを設け、隣家の屋根越しに南の光を採り入れます。

コンセプト図
コンセプト図


 建物は、3.6メートル間隔に配置した、鉄筋コンクリートの柱で構成しています。その上に木造の屋根を架けることによって、のびのびとした内部空間が実現しました。収納やテレビ台、デスクなどの造り付け家具はコンクリート柱の外側に張り出させてすっきりした空間をつくっています。

 コの字型の建物の西翼には、ガレージと玄関、法事用の和室があります。リビング・ダイニングは南、角にキッチン、東翼に浴室と寝室を配し、日常生活の動線ができるだけ短くなるようにしました。

 ご主人の趣味のアトリエは、ガレージの上にあるロフト状のスペースです。リビングとは適度に距離があるので互いの音は気になりませんが、視覚的にはつながる位置関係です。アトリエの棚の上に飾った鉄道模型のコレクションは、リビングにいても眺められます。

断面図
断面図


 平面の「間取り」をあれこれといじるよりは、光の採り入れ方、空間を立体的に生かす工夫を模索しています。「凹屋根の家」は平屋ですが、ダイナミックなこう配天井やハイサイドライトから差し込む光、リビングとアトリエの距離感など、立体的な変化に富む空間になったと思っています。
(矢敷潤/矢敷潤建築設計事務所)

凹屋根の家

建築データ
  所在地: 栃木県那須塩原市
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2008年12月
  敷地面積: 281.57平方メートル
  建築面積: 115.54平方メートル
延べ床面積: 140.65平方メートル
  構造・規模: 鉄筋コンクリート造り・一部木造、平屋建て
  設計: 矢敷潤建築設計事務所
  施工: 三森建築事務所
  プロデュース: ザウス
  写真: 平井広行
連絡先  
  矢敷潤建築設計事務所
  代表: 矢敷潤
  住所: 〒170-0005東京都豊島区南大塚3-39-13-303
TEL 03-3987-5782
FAX 03-3987-5782
E-MAIL: j@yashiki.info
URL: http://www.yashiki.info/
平面図
おすすめ情報(PR)