TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅 Back number

Housing File 199「雛壇の家」

せり出した段状の建物で 外と内に緩やかなつながりをもたらす



 西側の道路に向かって雛(ひな)壇状にせり出したリビングダイニングが、この家を特徴づける存在になっています。

 子どもたちが既に独立している夫婦が退職後のセカンドライフを楽しく過ごす家として計画しました。家には、建て主の作品である彫刻がたくさんあります。リビングダイニングの雛壇は、以前は物置にしまっていたこれらの彫刻を並べるスペースとなり、友人を招いたホームパーティーでは各自がくつろぐ座席にもなります。

 雛壇をもつ家の構成は、傾斜地につくられた古い住宅街の一角という敷地条件から生まれたものでした。

 敷地は西側の前面道路から1.6メートル高く、大谷石の擁壁が立ち上がっていました。前面道路が4メートル以下と狭いため、家を建て替える場合は30センチほど道路境界線を後退させなければいけません。すると既存の擁壁を壊してつくり直す必要が生じ、多大なコストがかかります。

 こうした条件を踏まえ、敷地と道路の高低差をいかに処理するかが設計上の大きなポイントでした。

 前面道路には車があまり入ってこないため、今でも子どもたちがよく遊んでいます。地域の人たちに見守られた下町っぽい路地の雰囲気が残っているのです。そんな空間を生かすためにも、家と道路の関係を閉ざすようなコンクリートの擁壁を立ち上げたくない。敷地と道路の境界をあいまいにして、つながりを与えたいと考えました。

 横浜市と協議したところ、斜面の角度を30度にすれば、擁壁をつくらなくてもいいことが分かりました。そこで、道路に続く駐車スペースの先に、敷地の高さに向けて30度の緩やかな緑化斜面を延ばしました。

 敷地レベルに2階建ての建物を載せ、そこから斜面の上に飛び出すようにリビングダニングを配しました。リビングダイニングの先端は斜面に呼応した雛壇状の形状とし、斜面の側から片持ちで支えています。道路から見ると、せり上がる建物と斜面で囲まれた、公と私のあいまいな中間領域を生み出したのです。

 リビングダイニングの雛壇は、一部を外まで延ばしました。外部雛壇の床はエキスパンドメタルとし、並べた彫刻が道路から垣間見えるようにしています。室内は見えないようにしてプライバシーを守りつつ、住んでいる人の特徴やたたずまいが外ににじみ出すようにと意図しました。

断面図

 もう1つ大きなポイントとなったのは、南側の隣地に面したスペースの活用です。

 南側の隣地は3メートルほど高く、境界は崖(がけ)状になっています。横浜市では、崖から一定の角度内にある建物部分は鉄筋コンクリート造りにしなければなりません。しかし私は、採光などの環境が良い南側を閉鎖的な鉄筋コンクリート造りとするのではなく、自由に開口部を計画したいと考えました。

 そこで、崖地から一定以上の距離を確保して木造の1階部分を配置。南側には大きな開口を取り、崖周りの緑を楽しめるようにしました。一方、2階は崖の規制とは関係なく自由に配置できます。そこで、1階から張り出すように木造の和室と洋室を並べました。こうして1階の南側に、軒の出た戸外空間を確保しました。

 実は建て主からは、彫刻を制作するため戸外にも作業スペースが欲しいという要望が出ていました。引っ込んだ1階の上に2階を張り出す断面構成は、雨の当たらない戸外スペースを確保するという目的もあったのです。

 平面的な動線だけではなく「スキップフロア」のような高さの変化をうまく取り入れることは、日常生活の中に、多様な角度で視線が交錯するシーンを生み出します。これは、マンションでは得られない良さです。そこで、戸建て住宅を設計する際には、敷地条件や住み方の要望と照らし合わせながら、変化のある断面構成を上手に取り入れるよう工夫してきました。

 例えば今回も、吹き抜けに面した2階の和室に窓をつくり、雛壇にいる人との間で視線が交わせるようにしました。子どもの家族が集まる、友人を呼んで語り合うといったさまざまなシーンで、雛壇をもつ空間がコミュニケーションを活性化させる場になればと期待しています。
(井上玄/GEN INOUE)

雛壇の家

建築データ
  所在地: 神奈川県横浜市
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2009年12月
  敷地面積: 163.09平方メートル
  建築面積: 86.88平方メートル
延べ床面積: 127.73平方メートル
  構造・規模: 木造、地上2階建て
  設計: 井上玄
/GEN INOUE
  施工: 成幸建設
  撮影: GEN INOUE
連絡先  
  GEN INOUE
  代表: 井上玄
  住所: 〒231-0007
神奈川県横浜市中区弁天通6-85
宇徳ビル404
  TEL: 045-534-9470
  FAX: 045-263-6652
  E-MAIL: contact@architect.bz
  URL: http://www.
architect.bz/
平面図
Page Top
おすすめ情報(PR)