TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 21 「STATIC」

Less is More、都会の中の静謐(せいひつ)な住空間

防犯性に優れたシャープな外観
防犯を重視して1階には窓を設けず、全体を金属のアルミパネルで覆った。1階中央部分が玄関で、電気錠を設置。扉が横にスライドする仕組み。2階に設けた窓には、防犯合わせガラスを使用

光が降り注ぐ白い大理石の階段
この家に余分な装飾は一切ない。玄関から2階に上がる白い大理石でつくられた階段には、北側の窓から光が降り注ぐ

向かいの木々の景色を取り入れる
通りに面して唯一大きく取った窓。プライバシーを確保するために、視線は遮りつつ、向かいの木々の緑を楽しめるよう、ガラスにバーコード状のサンドブラスト加工を施した。上にいくほどバーコードの幅が細くなり、透明度があがるデザイン

小窓からカラフルな光が落ちるリビング
南庭に面した2階にリビングを配置。隣家からの視線を遮るために、隣地境界近くに竹を植え、緑のスクリーンとした。上部の壁に開けた色ガラスをはめた小窓から、色とりどりの光が降り注ぐ

明るく開放的な食堂
2階の広間の北側半分は、食堂と和室で構成。シンプルな白い空間は、間仕切りを設けていない。南庭側からの光と北側のスリット窓からの光で、より明るく開放的に

石とガラスでデザインされた浴室
1階の南庭に面した一番よい場所に、浴室と洗面所を配置した。床は白い大理石。浴室との境はガラス壁。清潔感ある、すっきりとした空間

視線を調節する浴室のルーバー
南庭に面した浴室からは庭がよく見える。しかし、庭は隣家に囲まれているため、窓に設けた木製ルーバーの角度を調整し、隣家からの視線をコントロールした上で、庭の緑が見えるようにしている

 東京の都心、山手線駅近くの住宅街に建つこの家は、会社を経営しているご主人と夫人、そして大学生と高校生の2人の息子さんの4人家族の住まいです。施主が求めたのは、明るく開放的でありながら、防犯性に優れた都市住宅。防犯のことを考えると、外部に対して開放的につくることは難しい。その相反する課題をどう解くかが、設計のポイントとなりました。

 ご家族にお会いしたとき、“楚々(そそ)とした”印象を受けました。皆さんクリスチャンで、質素ではないけれど、華美でもない。そこで、この住宅設計のテーマとして「STATIC/静謐(せいひつ)な意匠」がキーワードとして思い浮かび、話し合いのなかから、ご家族にふさわしい空間を考えていきました。

  通りに面した北側1階立面は、最も防犯性を重視する必要があるため、シンプルで硬質な印象をもたせるアルミの金属パネルを採用しました。耐候性に優れ、メンテナンスフリーでもあるので、外装に適しています。

 ファサードの意匠的効果を考え、2階の階段踊り場は合わせガラスとして、内、外の光が透過する空間としました。通りからの視線を遮るため、窓の下部はサンドブラスト加工(※)を施しています。そして、向かいにある木々の緑を、シースルーの景色として取り入れるようにデザインしました。

 家全体は、南側に設けた庭に対して、開放的になるように構成しています。庭は、隣家に面しているため、竹を植え、視線を遮る緑のスクリーンとしました。風にそよぐ竹の樹冠の動きに、都会の中の自然の気配が感じられます。

 1階に個室を、2階に家族が集まるリビングやダイニングを配置しました。一般的な家の構成とは、逆の発想です。子どもが幼く、庭をアウトドアリビングとして、頻繁に出入りする暮らしを想定すれば、1階にリビングを配置する方がよいのですが、この立地では、そうした選択は不適当と考えました。むしろ、プライバシーが確保され、日照に恵まれた2階のリビングで、庭の木々を眺めながらくつろぐことが圧倒的に多いはずです。

 息子さんたちのプライバシーへの配慮からも、玄関からリビングを通らずに、直接1階の自分の部屋に行ける、この構成の方が自然ではないかと考えました。幼い子どもなら、両親の目が届くプランとしますが、それなりの年齢に達すると、ある程度の距離を保つことが必要になってきます。

 私に設計を依頼される方は、おそらく私のデザインが好きな方たちでしょう。よく「あの家と同じ感じでつくってください」と言われます。しかし、住む人も違えば、敷地も違います。同じものはできません。その家でしかできない固有のデザインを施主と追求することが、建築家の職能と考えています。

 私は、基本的に機能主義です。それは20世紀になって登場した考え方で、余分な装飾を排除し、生活に本当に大切なものだけを残そうとするもの。過剰な装飾にたよる建築意匠ではなく、機能をシンプルな形で表現する、つまり、「Less is More」の空間をつくろうという考え方です。

 そうした空間の魅力を求めるクライアントが、私のところへ依頼に来るわけですが、同じ機能的で明るく真っ白な空間でも、100家族いれば100通りの住み方があります。機能主義という考え方は共通でも、住宅の設計は、ライフスタイルを映しだす鏡のようなもので、デザインは違ってきます。そこに住む人たちの生活を思えばこそ、生まれてくるデザインなのです。

 「それぞれの家のデザインを変化させる要因」。そのひとつが、その家族ならではの“こだわり”あるいは“遊び心”と言い換えてよいかもしれません。この住宅の場合は、リビングの上部の壁に設けた、色ガラスをはめ込んだ小窓。カラフルなガラスを通した光が、色鮮やかにリビングへと落ちてきます。

 この意匠は、施主一家がクリスチャンであり、フランスのロンシャンにある礼拝堂(20世紀の巨匠ル・コルビュジェ設計)のステンドグラスがモチーフとなっています。質素でもなく、華美でもない。このご家族ならではのライフスタイル、“楚々とした上品な雰囲気”が、この空間をつくらせたのです。

 私の建築設計の重要なテーマとして「光」があります。ただ明るいだけではない、場所と暮らしに応じた“光と空間の関係”を追求したいのです。その家族ならではの暮らしのスタイルにあった、光の取り入れ方、空間のつくり方を考える。そのためには、施主が求めているもの、意匠へのこだわりを探ることが重要です。設計前の対話には、多くの時間を費やします。決してデザインが先行するのではなく、家族のライフスタイルが求める機能を、簡潔に空間化したいと考えています。
(今村雅樹・今村雅樹アーキテクツ)

※サンドブラスト加工:ガラスに砂のような小さな粒(鉄、ガラス、アルミなど)を高い圧力で吹き付けて、ガラス表面を削り、模様をつくりだす技術


「STATIC」

建築データ
  所在地: 東京都新宿区
  家族構成: 夫婦、子ども2人
  竣工: 2000年3月
  敷地: 190.57平方メートル
  建築面積: 110.66平方メートル
  延べ床面積: 316.36平方メートル
  構造・規模: RC構造(薄肉床壁構造)・地下1階、地上2階建て
  設計: 今村雅樹(今村雅樹アーキテクツ)
  構造: TIS & PARTNERS
施工: 東京鉄筋コンクリート
写真: 平井広行
連絡先
  今村雅樹アーキテクツ
  代表: 今村雅樹
住所: 〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-28-13 ラフィネお茶の水403
  TEL: 03-3259-4958
  FAX: 03-3259-4959
  E-MAIL: imaarch@mail5.alpha-net.ne.jp
  HP: http://www.c-channel.com/c00350/
おすすめ情報(PR)