TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 40「Y邸」

狭小敷地に吹き抜けリビングの家、2階テラスは中空の庭


2階の大きなテラスが外観を印象づける
西に面する道路側から見る。耐久性の高いフレキシブルボードによるシンプルな外観。カーポート上のテラスは、中空に浮かぶ庭空間

吹き抜けの2階リビング
北側斜線の屋根の形を曲面天井としてデザインした。正面の光窓は隣家の緑を借景する。壁は粗い手触りのラフソーン仕上げを施したレッドシダー、床にはカリンを用いた

吹き抜けの奥に続くダイニングとキッチン
リビングに続くオープンキッチンとダイニング。キッチンの上は3階の寝室。右手奥の青い扉は家事室の入り口。白やグレーでまとめたインテリアのなかで、扉の青が空間のアクセントとなっている

落ち着いた雰囲気のダイニングまわり
カウンター式のオープンキッチンにつながるダイニングスペース。カウンター左側の白い引き戸は、裏側がステンレス製になっている。写真のように引き出すとレンジの覆いとなり、油の飛び散りを防ぐ

柔らかな光が入る1階和室
6畳の和室は、近くに住む両親が泊まる部屋として用意した。桟のないモダンな障子を開けると、広縁が続く。防犯を考えて、それぞれの窓にはガラリの雨戸や板戸を設置


ガーデニングを楽しめるテラス
リビングの天井までの大開口の外に、約2メートル×3.5メートルの広いテラスが続く。1階に庭が確保できない代わりに設けた中空の庭。夫妻でガーデニングを楽しむ

 40代の夫妻が、都内・品川の実家の近くにと、千葉県から引っ越して建てた住宅です。以前の住まいも戸建てだったので、家のメンテナンスの大変さをよくご存じでした。そこで、メンテナンス費用のかからない家であることが、建築意匠および材料決定の重要な条件となりました。

 小さな住宅が建ち並ぶ地域で、Y邸も敷地面積は20.8坪。準防火地域で、外装制限などもあります。そこに、建築面積11.6坪、延べ床面積28.4坪の3階建て木造住宅を建てました。外壁には、耐火性と耐久性に富んだフレキシブルボードを用いています。また、北側の屋根形状は、斜線制限をそのまま生かした形です。

 周囲を住宅に囲まれているため、1階は十分な日照を確保できません。そこで1階はご両親が泊まれる落ち着いた和室とし、2─3階を夫妻の生活スペースとしました。吹き抜けを設けたリビングとキッチンを2階に配し、3階部分に夫妻の寝室を置きました。こうした室内空間の構成は、敷地条件などからごく自然に決まっていきました。

 リビングスペースを最大限広く感じさせるために、いくつか工夫を施しています。例えば、吹き抜けのリビングの南側には、約2メートル×3.5メートルのテラスをつくり、これに面して天井高いっぱいの大開口を設けました。テラスは1階駐車場の上部を活用した空間で、植物の好きな夫妻がガーデニングを楽しむ場でもあります。また、西側の壁面には正方形の窓を切り取り、隣家の庭の緑を借景しています。

 建て主が木場の材木会社に勤めていることもあって、内装にはこだわりの木材を用いました。リビングの壁は、ラフソーンという仕上げを施したレッドシダー(カナダスギ)合板。表面をノコで仕上げて、荒いタッチを出した風合いのある木材です。床には、むくのカリン材を使用。これらの木材の材質感を生かし、そのほかの部分は白やグレーでまとめました。また、曲面を描いたリビングの天井は、室内をやわらかな光で包み込む効果を発揮します。
 
 私は以前から、Y邸の設計の原型となる「Basic Box」という住宅を設計してきました。シンプルな長方形平面の箱を基本とし、必要に応じて部屋を延長することによって、構造やコストの面でも合理的な住宅づくりを目指したものです。

 「Basic Box」 は、1階に水まわりを置き、まわりに個室を配置します。2階にリビング、3階にはロフトのように広い空間を設ける。天井には、TJIというI型の木構造材を30センチ、または45センチピッチで並べ、梁を架けずにそのまま上階の床材を張ります。住宅全体がシンプルで合理的な構成となり、コスト低減が図れるのです。

 今回のY邸も、当初はこの「Basic Box」を基本とした長方形の家を考えました。駐車スペースは、建物の南側に車を縦に2台並べる形を想定していました。その後、建て主のお父さんの要望で、1台分の駐車スペースを西側の道路に面した場所に確保することになり、建物はL字型の形状としました。結果、構造は複雑になりましたが、基本となる考え方は変わりません。

 1階は水まわり以外には内壁をつくらず、和室と納戸も建て具で仕切っているだけです。将来のことを考え、できるだけフレキシブルに使えるように設計しました。

 3階建ての住宅を設計するとき、建て主からよく言われるのが「2階のリビングの近くに、トイレを設けてほしい」ということです。近くて便利だと考えるからでしょう。でもリビングのそばだと、実際は意外と落ち着けないものです。私の設計では、リビングではなく、寝室の近くにトイレを配置するようにしています。

 今回はスペースの関係上、階段下の空間を生かして、2階のキッチンの背後にトイレをつくりました。リビングからトイレに至るまでに、2回扉を開けるようにし、距離感を確保しています。特に小さな家では、ちょっとした音も気になります。気持ち良く生活するには、こうした細かい設計上の配慮が不可欠と考えています。
(諸角敬/スタジオ A)

「Y邸」

建築データ
  所在地: 東京都品川区
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2003年7月
  敷地面積: 68.88平方メートル
  建築面積: 38.35平方メートル
延べ床面積: 93.97平方メートル
  構造・規模: 木造、地上3階建て
  施工: 創美
工事費: 約2000万円
設計: 諸角敬/スタジオ A
  写真: スタジオ A
連絡先
スタジオ A(アー)
  代表: 諸角敬
住所: 東京都目黒区鷹番3-14-9
  TEL: 03-5773-1318
FAX: 03-5722-6115
  E-MAIL: studio.morozumi@nifty.ne.jp
URL: http://homepage3.nifty.com
/studio-morozumi/

平面図
おすすめ情報(PR)