TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 67「石岡の家」

キッチンを中心に据えた、明るく清潔な子育ての家


白く塗装した木とコンクリートの外観
エントランス外観。敷地外周は塀で囲っているが、ところどころ外に向けて植栽を施した。玄関の前には建て主の好きなシラカバを植えている。外壁には、木目を生かして白く塗装した木を張り、コンクリートとなじませて全体を調和させている

開口部の大きい軽やかな建物
東南の庭から見た外観。キューブ状の2階建て部分を地面から少し浮かせ、軽やかな印象をつくり出している。2階建て部分の1階がキッチンとダイニング、その上が子供室。右手の平屋部分がリビングで、テラスを通じて庭とつながる。写真左手前に張り出した部分が主寝室

明るく清潔感のある白い空間
建て主の要望によって、室内も白を基調として清潔感のある空間に仕上げた。壁の一部と家具に濃いブルーを配してアクセントにしている。子供たちが囲むダイニングテーブルは右手のキッチンにつながっている

住まいの真ん中に位置するキッチン
キッチンは敷地と建物の中心に位置する。上は吹き抜けで、2階にある子供室につながっている。居ながらにして家全体の様子が把握できる司令塔のような場所

4人の子供たちが共有する子供室
2階東側のデッキテラスから子供室を見る。ガラス張りの階段ホールと吹き抜けで1階とつながり、家族の気配が伝わる。キッチンを見下ろす机は4人の子供たちで共有する

朝日で目覚め、夕日を楽しむ主寝室
庭に張り出した主寝室は、東西両側に大きな開口部を備え、朝日と夕日の両方が差し込む。写真正面のドアは、東西の庭をつなぐテラスに通じている

 敷地は茨城県石岡市にあり、東京などと違って隣家との間隔が広く、面積にもゆとりがあります。このゆとりをどのように活用し、建物と庭をどう関連づけるかが設計の大きなテーマになりました。

 建て主の家族構成は、ご夫婦とまだ幼い3人の女の子。設計時には、もう1人の誕生を控えていました。育ち盛りの子供たちに親の目が行き届くプランが必要です。建て主ご夫妻からも、「家族の一体感を大事にしたい」という要望が出されました。

 そこでまず、母親の居場所であるキッチンを住まいの中心に据えることにしました。広い敷地と住まいの全体を居ながらにして見渡せる位置です。キッチンの上は吹き抜けで、2階の子供室にもつながります。

 キッチンカウンターとダイニングテーブルは一体で、子供たちはここでおやつを食べたり宿題をしたり、母親と同じ空間を共有して過ごせます。料理や後片づけの手伝いも自然にできるプランです。

 このキッチンとダイニングを中心として、東にリビング、北に玄関、西に水回りを配置しました。主寝室は敷地の南端に向かって張り出します。これによって、庭はLDKに面した活動的な東側と、水回りに続くプライベートな西側に振り分けられます。

 タイル敷きのリビングから、テラス、芝を張った庭まで、高低差がなく、内外が流れるように自然につながります。東西2つの庭に挟まれた主寝室は、朝日と夕日の両方が楽しめる贅沢(ぜいたく)な空間です。

 さらに、遊び場と客間を兼ねたプレイルームには北側の庭、玄関にはシラカバを植えた前庭と、それぞれ性格の異なる庭を配しました。水回りも含め、1階のあらゆる場所が庭とのかかわりを持っています。

 屋内は間仕切りがほとんどなく、寝室や水回りの壁も上部はガラス張り。1階の天井全体が視覚的に連続し、空間の広がりを感じさせます。

 2階の子供室は姉妹で共有する空間です。これは、一人ひとりに個室を持たせるより、一緒に仲良く過ごしてほしい、という建て主の考えによるもの。吹き抜けに面した机は4人一列に並んで使えるようにしました。この机は窓の外まで伸び、デッキテラスのテーブルに続きます。

 東向きのデッキテラスは、近くの公園まで見通しが開ける気持ちのいい場所。天気のいい日に家族で食事を楽しむのにうってつけです。子供たちが成長して個室を望んだら、屋根をかけて部屋にすることもできます。
 
 敷地が広ければ、建物のレイアウト次第で、外部空間とのさまざまな関係をつくり出すことが可能になります。この家では、明るく開放的であると同時に、敷地の隅々まで一体に感じられる住宅づくりを目指しました。
(田井勝馬/田井勝馬建築設計工房)


「石岡の家」

建築データ
  所在地: 茨城県石岡市
  家族構成: 夫婦+子供4人
  竣工: 2003年2月
  敷地面積: 483.08平方メートル
  建築面積: 211.10平方メートル
延べ床面積: 231.69平方メートル
  構造・規模: 鉄骨造り、地上2階
  施工: 小川建設
設計: 田井勝馬
  写真: 小川泰祐
連絡先
田井勝馬建築設計工房
  代表: 田井勝馬
住所: 〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町1-15-5F
  TEL: 045-227-7867
FAX: 045-227-7868
  E-MAIL: kt-archi@nifty.com
URL: http://www.tai-archi.co.jp/
平面図
おすすめ情報(PR)