TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 69「S/N」

四角い箱の中に波打つ壁、音の響き、光の反射を楽しむ


雑木林の中に建つ黒い箱状の家
外から見ると極めて単純な四角い家。黒く塗られた木の外壁に、ランダムに開いた大小の窓がリズムを与えている。敷地内は下草が茂る自然な雑木林の姿をできるだけ残した

曲面の壁が独特の景色をつくる
四角い箱の中に足を踏み入れると、波打つ壁に挟まれた不思議な空間が広がる。写真はホールからスタジオ方向を見たところ。スタジオは舞台に見立て、ホールより数段高くしている

音響効果の高い楽器演奏用のスタジオ
楽器を演奏して楽しむスタジオ。リビング、ダイニングも兼ねている。曲面の壁は音響効果を狙ったもの。写真右手、スタジオの南側には、雑木林を望む大きなピクチャーウインドーがある

シンプルで機能的なキッチン
うねる壁の北側には、生活機能が隠されている。キッチンはスタジオに隣接し、配膳や後片付けに便利な位置。勝手口も設けられており、シンプルで機能的な構成

天井高5メートルのアトリエ
絵画制作用のアトリエの床は土間になっており、天井高は5メートルに及ぶ。画材や作品の搬出入に備え、玄関の近くに配した。棚の並んだ壁の裏側がスタジオに続くホール

波打つ壁とルーバーが生む陰影
壁面が波打っているうえ、ピッチの異なるルーバーを組み合わせているので、光が複雑に反射し、さまざまな陰影を生む。ドアに映る影もルーバーの光もすべて自然光によるもの

 敷地は那須高原にありますが、別荘地からは離れており、田園と雑木林が混在する里山のような場所です。東京の賃貸マンションで暮らしていた建て主夫妻は、ここに、ゆくゆくは生活拠点として使える住宅を建てようと計画しました。

 ご主人は楽器演奏、奥さまは絵画が趣味で、ともにセミプロ級。その腕前を存分に発揮し、楽しめる場所をつくることが第一の目的です。しかしながら、ただのスタジオ、ただのアトリエではなく、生活機能もきちんと用意することが求められました。

 場所柄、敷地はたっぷりしていますから、どんな建物をつくるのも自由です。そこでまず、断熱、採光、施工、構造などあらゆる点で最も効率のよい形を選びました。すなわち、東西に細長い直方体です。これを、敷地に生えている樹木をよけながら、真南に向けて置きました。

 内部は、リビングを兼ねたスタジオやアトリエ、水回り、寝室など、欲しい空間の用途とボリュームを想定し、相互の関係を考えながら配置しています。普通ならまっすぐな壁で区切るところですが、ここでは境界線を縫うように、なめらかな曲面の壁を立てました。

 曲面の壁には、楽器の音を美しく響かせる狙いもあります。ただ、純粋に音響効果を追求するには左右対称でなくてはなりませんが、ここは住宅なので、必要な空間を確保するためにも、あえて不定形にしています。結果として、「ここにしかない響き」が生まれればいいのではないかと提案しました。

 全体としては、南に向いた箱の中を、東西方向に走る2枚の壁が仕切る形。そのうち南側の壁はルーバー状になっており、太陽の光を透かします。壁がうねっていることで、ルーバーに当たる光も、ルーバーを透かして壁や床、天井に反射する光も、さまざまに変化します。夜は月の青白い光、夏は草木の色を映して緑がかった光が差し込み、内装の木の赤みとコントラストをなして、独特の光と色の世界が体験できます。

 この住宅では結果として直方体の外壁だけで建物を支えていますが、曲面の壁は耐震面でも効果が期待できるのではないかと考えています。壁はまっすぐという常識は、単にそれがつくりやすいからであって、人間の体の動きは曲線を描くのが自然です。曲面の壁を工場でつくれば高くつきますが、現場で木をしならせてつくれば、さほど難しくありませんでした。

 日本の住宅では地震対策をおろそかにはできません。ただ、単に耐震性を確保する目的で壁をつくるのでは閉塞(へいそく)感につながりかねない。壁そのものが引き立ち、美しく感じられるつくり方があるはずです。壁のありようは、これからもっと深く考えていきたいテーマの一つです。
(松野勉/ライフアンドシェルター社)

「S/N」

建築データ
  所在地: 栃木県那須塩原市
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2003年9月
  敷地面積: 993.72平方メートル
  建築面積: 112.12平方メートル
延べ床面積: 139.44平方メートル
  構造・規模: 木造、地上2階
  総工費: 2100万円
施工: 深谷建設
設計: 松野勉・相澤久美/ライフアンドシェルター社+Masahiro Ikeda
  写真: ナカサアンドパートナーズ
連絡先
ライフアンドシェルター社
  代表: 松野勉、相澤久美
住所: 〒106-0044 東京都港区東麻布2-28-6
  TEL: 03-3560-2046
FAX: 03-3560-2047
  E-MAIL: info@lifeandshelter.org
URL: http://www.lifeandshelter.org/
平面図
おすすめ情報(PR)