TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 77「void in void」

夕闇に浮かび上がる家は、Y字路に建つ街のランドマーク


照明の光が建物のフォルムを強調する
東側外観。ポリカーボネート製のグレーチングでできたスクリーンを透かして、室内の光が漏れ出る。写真左手端が出入り口で、中ほどに2階に上がる階段が見える。写真右手の突き出した部分にはらせん階段が入っている

アウトラインを形作る鉄骨のフレーム
西側外観。敷地の南端から建物の頂点に向かって掛けた逆L字形のフレームが建物のボリュームを大きく見せる。フレームに沿って、1階から2階までの道路面にアルミのルーバーを渡した

全面開口の2階リビング
キッチンからリビング方向を見る。南に向かって全面ガラス張りになっている。写真右手のガラスのドアが出入り口。玄関から階段を上がるとすぐ、このLDKに至る

オープンなワンルームのLDK
LDKはシンプルなワンルーム。キッチンはオープンなので、においがこもらないよう、吸湿性能が高く消臭効果のあるホタテの貝殻を原料とした壁材を塗っている。写真正面の壁左手に見える出入り口は、3階へ至るらせん階段

フレームの下に重なり合うエレメント
2階テラス。右手に階段の屋根、左に3階テラスが張り出し、頭上に鉄骨のフレームが掛かる。それぞれのエレメントの四角いアウトラインが重なり合う。3階テラス下の、木のタテ格子で目隠しした部分は物干しになっている

ボリュームの組み合わせによって生まれる外部空間
2階テラスを正面から見た夕景。1階のボリュームの上に、2階・3階のボリュームが直交するように載っており、それぞれの上下にできる空間が写真の2階テラスになり、右下にのぞくピロティー(建物の1階で柱だけ残した部分)になる

プライバシーを守りつつ開放的な寝室
3階主寝室。左右どの方向も道路の上にあたるので、視界が開ける。Y字路に正対する南面は鉄骨のフレームで守られている

 全方位を道路に囲まれた特異な敷地。かつてはガソリンスタンドが立っていたそうです。街中にある島のようなもので、どこから見てもよく目立ちます。普通の敷地にあるような「裏」はここにはありません。すべての面が「表」になりうる建物をつくらなければならないと思いました。

 建て主の奥さまからは「プライバシーを守りたい」、ご主人からは「愛車が眺められるホビールームが欲しい」との要望がありました。

 敷地はY字路に沿って南から北に広がっています。そこで、道路面の長い西側の1階にガレージとホビールームを並べました。2階・3階の居住空間は北側に寄せ、南に向かって開きます。東西の道路面にはそれぞれ表情の異なるスクリーンで目隠ししました。

 玄関から階段を上がるとワンルームのLDKに直結。その西側に水回りが並び、北側に和室が付属しています。3階の子供室・寝室へは、東側にあるらせん階段を上ります。

 廊下はほとんどなく、平面でみれば極めてシンプルなプランです。しかし、それとは裏腹に、立体的にはかなり複雑な構成になっています。一つ一つ大きさの異なるエレメントを、入れ子状に組み合わせて建物を形作っているのです。

 南北に長い1階と、東西に長い2・3階が交差する上に、巨大な逆L字形のフレームをかけて2つのボリュームをつなぎます。その間に、2階に至る階段や3階のテラスを差し込みました。敷地が描く三角形の頂点には、らせん階段を収めた箱が張り出しています。

 さまざまなエレメントが入り組み、さらにその上からスクリーンで覆われていることで、内側の生活空間が守られます。2階LDK、3階個室の南面は、ともに全面をガラス張りにしました。

 夕方、室内に明かりがともると、建物の凹凸がくっきりとした陰影となって浮かび上がります。東側に突き出たらせん階段部分は、半透明の壁を透かして柔らかく光り、大きな照明器具のように通りを照らすでしょう。

 私の設計には決まったスタイルはありません。毎回、新しいテーマを見つけて、新しいことをしたいと思っています。この住宅は目立つ場所にあり、比較的規模も大きかった。街のランドマークとして印象に残る建物になるよう、気をつけてつくったつもりです。
(山本健太郎/Kaデザイン)


void in void

建築データ
  所在地:

void in void

  家族構成:

夫婦+子供1人

  竣工:

2004年12月

  敷地面積:

193.76平方メートル

  建築面積:

130.4平方メートル

延べ床面積:

225.52平方メートル

  構造・規模:

鉄筋コンクリート造り、地上2階

  施工:

アイガー産業

設計: 山本健太郎/Kaデザイン
  写真:

宮本真治/シンフォトワーク

連絡先
(有)Kaデザイン
  代表: 山本健太郎
住所: 〒107-0062東京都港区南青山2-29-9-605
  TEL: 03-5775-7719
  FAX: 03-3408-6506
E-MAIL: fmkv9637@nifty.com
URL: http://www.ka-design
-studio.com/
平面図
おすすめ情報(PR)