TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 79「WINDOW HOUSE」

中庭と大小の個性的な出窓で、一年中明るい光を満喫


さまざまな形の窓に彩られた外観
南側外観。隣家の敷地にあたる幅6メートルの通路に面しており、密集地としては恵まれた条件。中央に庭をつくって3層に大きな開口を確保したほか、各室に大小とりどりの出窓を設けた。白い外壁に、出窓を縁取るグレーがアクセントを添える。

日光を行き渡らせる吹き抜け
リビングはロフトの高さまでの吹き抜け。写真左側が南にあたり、上下に並ぶ窓から空間全体に光を採り入れる。冬至のころには写真右側の壁まで日が入る。床材はバーチ、壁と天井は珪藻土(けいそうど)塗りで、全体に柔らかな印象に仕上げている。

玄関や階段、中庭もLDKの一部に
1階リビングから中庭、キッチン方向を見る。写真右手奥は数段下がって玄関に至る。玄関も階段もLDKに取り込んでいる。中庭も室内とレベル差がなく、部屋の続きのように感じられる。

吹き抜けから子供室に続くプライベートスペース
階段上から吹き抜けを見下ろす。写真右手の手すり部分に、パソコンが使えるカウンターを造り付けた。2階奥は幼い娘2人が共有する子供室。扉を引き込むと、写真のように吹き抜けまで続くオープンなスペースに。将来は2室に仕切ることもできる。

1階全体がつながる大らかな空間
中庭、キッチンを見る。オープンキッチンの左手、中庭に面した部分にダイニングテーブルを置き、リビングは広々と使う計画。中庭を挟んで向こうに洗面、浴室が見える。開口部手前の床の細長いガラリ(通気口)は温風の吹き出し口。

南向きの明るいサニタリー
中庭に面した洗面・浴室。中庭の南には目隠しの壁を立てているが、浴室部分には曇りガラスの開口を設け、南と上から光を採り入れる。リビングにも近く、明るく風通しのいい空間だ。

 敷地は杉並区の中でも建て込んだエリアにあります。かつて大きな建物があった土地が分割されたうち、道路に面した東側の区画。南は奥の3区画のための通路にあたり、幅6メートルの道路に面しているのと同じ条件です。東南の角地といってもいいでしょう。この利点を最大限に生かし、日当たりのいい家をつくりたいというのが建て主の一番の要望でした。

 とはいえ、周囲はかなり密集しています。近隣からの視線をかわしながら、いかにして光を取り込むかが最大のテーマになりました。

 まず、南側中央に8畳ほどの中庭を設けます。リビングは吹き抜けにして、1階からロフトまで、3層分の窓から空間全体に光が入るようにしました。

 このような凹字型の建物の場合、どうしても日影が生じます。四季それぞれ、何時にどこまで日光が差し込むか、シミュレーションソフトで細かく確認しました。

 冬は、向かいの家の屋根越しに入る日差しがリビングの一番奥まで届きます。夏は、ひさしを兼ねたバルコニーが直射日光をカットし、西側の棟が西日をカットします。

 当初は、中庭に開口部を集中させ、ほかは小さな窓を規則的に配置しようと考えていました。しかし、「せっかくの東南角地だから、たくさん窓が欲しい」という建て主の希望で方針を転換。あえて統一を避け、さまざまな形の窓をちりばめています。

 ほとんどが出窓ですが、それぞれ高さも幅も違うほか、サッシの周囲に回した枠の太さや奥行きも変えています。その強弱が外観のアクセントになるようデザインしました。

 1階は中庭デッキと室内の床を同じレベルにし、大型の木製サッシを採用。中庭も部屋の一部のように感じられ、広々と開放的に使えます。2階は西に主寝室、東に子供室を振り分け、間をつなぐ廊下にLAN回線を仕込んだカウンターデスクを設けて、家族共用のスタディーコーナーとしました。

 大きな吹き抜けを快適に保つため、空調には輻射(ふくしゃ)熱と暖気対流を組み合わせた全館暖房を用いています。これは、温水ラジエーター・パネルを床下に設置し、基礎に蓄熱させると同時に、暖めた空気をガラリで循環させる仕組み。メンテナンスも容易ですし、熱源に灯油を使えば、光熱費は抑えられます。

 中庭をつくることによってすべての部屋が南向きになり、それぞれに大きな出窓を設けることができました。都会の狭小敷地では、要素を絞ってシンプルに仕上げるケースが多いのですが、ここは建て主の数多い要望を盛り込んだ、個性豊かな住宅になりました。
(藤岡 郁/藤岡郁建築設計事務所)


WINDOW HOUSE

建築データ
  所在地:

東京都杉並区

  家族構成:

夫婦+子供2人

  竣工:

2004年12月

  敷地面積:

101.63平方メートル

  建築面積:

50.82平方メートル

延べ床面積:

101.47平方メートル

  構造・規模:

木造、地上2階

施工:

滝澤建設株式会社 東京営業所

設計:

藤岡 郁/藤岡郁建築設計事務所

  写真:

山手写真工房

連絡先

藤岡郁建築設計事務所

  代表:

藤岡 郁

住所:

〒224-0032神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-9 CMK306

  TEL:

045-941-7702

   FAX:

045-941-7708

  E-MAIL: info@k-fujioka.com
URL:

http://www.k-fujioka.com/

平面図
おすすめ情報(PR)