TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 85「野毛の家」

都市に残された緑を満喫する、ガラス張りの家


道路の奥に静かに建つ白い家

敷地は旗ざお状で、路地の奥に建物がわずかに姿をのぞかせる。住まいを守るように立て回された外壁には、一部だけ金属のメッシュがはめ込まれている。家の中からは、このメッシュを透かして近隣の樹木を望む


緑の眺めが開けるガラス張りの空間

2階LDK。写真右手が北で、隣接する史跡公園の景色が堪能できる。中央の階段でダイニングスペースとリビングスペースが振り分けられるほかは、壁も柱もない一室空間


住む人が完成させる白い部屋

リビングからダイニング方向を見る。ガラスの壁に白い大理石の床、白い天井で、家具や雑貨が生きるようにつくられている


隣家との緩衝帯となる中庭

敷地の南側は隣家が迫っているので、境界線に沿って外壁を立てて内側に庭を設けた。全面の窓を外からの視線と強い日射から守る役目を果たす


公園に向かって窓を連ねる1階

隣地の公園よりやや低くなった1階。西の端にある寝室から東のゲストルームまで窓が連なっている。寝室と廊下の間は引き戸で閉め切ることもできる


中庭に面したバスルーム

1階、寝室に隣接するバスルーム。南側の、外壁に守られた庭に面して大きな窓を開く。LDKと同じような真っ白な空間だが、洗面キャビネットには木を用いて温かみを添えた


 世田谷の住宅密集地にある旗ざお状の敷地。旗の部分は東から西に向かってすぼまる台形です。この形に沿って、台形の建物を配しました。

 北側の隣地は史跡公園で、境界線の向こうには木々が茂っています。史跡なので将来も変わることはありません。この緑を満喫するには、やはり北側全面を窓にするのがいいでしょう。

 南は隣家が迫っているので、外壁の内側に三角形の庭をつくりました。この中庭に向かって窓を開けば、隣家の視線も気にしなくて済みます。こうして、南側も全面を窓にすることができました。

 2階のLDKは柱も壁もないワンルームで、南北全面が窓、西もテラスに向かって開いており、ほぼガラス張りの空間です。しかも、日射の点でもプライバシーの点でも、ほとんどカーテンを引く必要がありません。

 全面開口といっても、北は直射日光が差し込まないし、南側は外壁が日射を遮ります。問題は西日だけで、テラス面はブラインドで調節できるようにしました。冬になると公園の樹木が落葉して外から見える部分がありますが、それも一部だけ。ガラス張りの開放的な空間に、安心してのびのび暮らせる、気持ちのいい家になっていると思います。

 特に住宅を設計するときは、この「気持ちいい」ということを大切に考えます。それはたとえば、天井が高いとか、部屋が広いといったシンプルなこと。明るい光が入って眺めのいい窓があれば、それだけで空間は気持ちよくなります。

 私たちはいつも、建築として「やりすぎない」ように心がけています。建築としてのコンセプトを貫くことと、空間の気持ちよさはいつも一致するとは限りません。一致しないときは、気持ちよさが優先です。

 特に住宅は規模が小さいので、建築としてつくり込んでしまうと、人間が暮らす場所を圧迫しかねません。建築が強すぎるために家具が合わないとか、人と人との距離が近すぎるようなことになりがちです。

 住宅は家具を入れて人が暮らしながら完成させていくものですから、竣工時に出来上がっていてはいけないと思います。建物は大ざっぱに、物足りなく感じるぐらいにつくっておくのがちょうどいいんです。

 この「野毛の家」も、床も壁も天井も真っ白で、家具がなければかなり殺風景に見えるはず。そうすると、住む人は一生懸命家具を選び、絵を掛けたり写真を飾ったりしたくなるでしょう。そうやって、住む人の個性で彩られていけばいい。

 もちろん、いつも真っ白にするわけではなく、仕上げの色や素材は住む人の趣味に合わせて変えます。住宅も洋服と同じように、どんなにはやっていても格好よくても、その人に似合わないことはある。住む人がもともと持っているセンスやスタイルが、より生かされる家をつくりたいと思っています。
(森山善之/建築設計事務所バケラッタ)

野毛の家

建築データ
  所在地: 東京都世田谷区
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2005年12月
  敷地面積: 177.21平方メートル
  建築面積: 70.03平方メートル
延べ床面積: 131.03平方メートル
  構造・規模: 鉄筋コンクリート造り、地上2階
施工: 株式会社林田建設
設計: 森山善之/建築設計事務所バケラッタ
  写真: 木田勝久
連絡先  
  建築設計事務所バケラッタ
  代表: 森山善之
  住所: 〒150-0041東京都渋谷区神南1-5-15-1F
TEL: 03-5489-0076
FAX: 03-5489-0079
E-MAIL: mail@baqueratta.com
URL: http://www.baqueratta.com/
平面図
おすすめ情報(PR)