TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅

Housing File 90「石神のすまい」

リビングを貫くアカマツの丸桁、明るくおおらかな空間を目指す


日当たりの良い敷地に建つ2階建ての外観
南側道路に面し、十分な採光を確保できる住宅地に建つ。駐車場の上に浴室を配置。2階デッキは縦格子で道路からの視線を遮っている

アカマツの丸桁が延びる2階リビング

斜め天井の下、長さ8.5メートルの丸桁(げた)が延びていく。明るい部屋にするため、南側全面に高窓を設置。清掃用に、窓の内側にはキャットウオークを設けている。無垢(むく)のクリ材のフローリングなど自然素材を要所に用いた


空間を有効利用したキッチンまわり

リビングに続くキッチンの上部はロフトとして利用。奥には家事スペースを用意した。コストを削減するため、収納棚には扉を付けず、オープンなつくりとしている


リビングの外につながる2階デッキ

リビングと浴室から出られるようにした屋外デッキ。浴室への視線を遮る壁面以外は、庭に向けて開放的なつくり


たっぷりとした採光を得られる2階の洗面所と浴室
南側に配置した明るい洗面所と浴室。東面の窓とトップライトから採光を確保している。コンパクトながら左側の壁面をすべて収納とし、機能性を高めた

オープンな空間でつながる1階土間

玄関がそのまま広い土間となり、奥の寝室と手前の和室が続く構成。引き戸を開けるとオープンにつながる。中央の土間は、ステンドグラスを作る奥様の作業スペースにもなる


可動式収納を置き、自在に使えるようにした土間まわり

下駄箱の入る収納は可動式。土間空間を多様な用途に使えるようにしている。和室は土間から20センチ床面を上げ、小上がり風に仕上げた


 全体に明るくシンプルにまとめた空間の中で一つのアクセントとしたのが、2階リビングの天井から露出させたアカマツの丸桁(げた)です。丸太の皮をむいて洗った状態の木材を使いました。

 自然の木材には、曲がりや節などがあります。一般には木の欠点とされる要素もそのまま受け入れることで、四角四面の空間にはないおおらかさや面白さを与えようと考えました。

 アカマツの丸桁は長さ8.5メートル。一般の流通ルートではなかなか手に入らない長さです。この材は5、6年来お付き合いのある会津の材木屋さんから直接入手しました。購入に際しては建て主と一緒に現地へ見に行き、色や曲がり、節の入り方など感性に合う木を選びました。

 リビングの床に用いた無垢(むく)のクリ材も、この材木屋さんから購入したものです。木目の美しいクリ材の素材感を私は好んで使います。このクリ材は70~80年生の丸太を加工したもの。幅広のものを使っています。

 今回の建て主は30代前半の夫妻でした。南採光で日当たりの良い土地を探すのに2、3年かけたそうです。「光の入る明るい住まい」が設計に対する最大の要望でした。

 2階は、南面に大きな窓を設けたキッチンとリビングです。キッチンの南側には浴室と洗面を置き、朝の光の入り込む中で気持ちよく過ごせるようにしました。リビングと浴室からは屋外デッキにも出られます。

 1階は、広い土間の両側に寝室と小上がりの和室を並べました。土間と寝室は吊り式の引き戸で仕切り、土間の収納は可動式。ステンドグラスを制作する奥様の作業スペースとして土間を利用できるようにしています。部屋ごとに規定されない使い方ができるよう意図しました。

 全体に廊下をつくらず、コンパクトに部屋を配置しています。1間半(2.7メートル)のモジュールの中に必要な機能を落とし込む。合理性を意識した間取りといえるでしょう。

 一方で、合理化した家づくりのシステムに抗している部分もあります。それが木などの素材に対するこだわりでした。

 合理的という理由から、最近の家づくりはカタログから建材や製品をセレクトしてつくるという側面が強くなりがちです。でも、既成の製品をコーディネートしているだけの設計は自由度が低く、創造性に欠けると感じています。

 もちろん、条件に応じて工業製品を選択することはあります。しかし、建て主の要望に応えつつ、可能な限り自由自在な設計をしたい。それには自分自身、選択肢の幅を持つことが重要ですし、素材のこともよく知る必要があります。

 そこで5年ほど前、現在お付き合いしている材木屋さんが開いていた丸木講座に通って、木の基礎知識から製材方法、流通の現状まで勉強しました。以後、機会あるごとに自分で選んだ木を買い置きし、設計に用いることが増えています。

 いつも考えているのは、日本の文化になじむような家の設計です。文化になじむとは、耐久性の高さはもちろん、住み心地やデザインの良さを備えていること。ライフスタイルの変化に対応できる包容力を持ち、メンテナンスにも配慮した家を提供したいと思います。住み手に手入れしてもらえない家ほど傷みの早いものはありません。

 家に対する愛着を持っていただくため、建て主とのコンセンサスを得ながら家づくりを進めていくことは重要です。時間が許す限り、建て主には家づくりに参加していただきたい。今回、建て主に材木屋さんまで足を運んでもらい、一緒にアカマツの材を選んだのもそのためです。
(松本直子/松本直子建築設計事務所)

石神のすまい

建築データ
  所在地: 埼玉県新座市
  家族構成: 夫婦
  竣工: 2005年2月
  敷地面積: 103.10平方メートル
  建築面積: 60.35平方メートル
延べ床面積: 92.88平方メートル
  構造・規模: 木造、地上2階建て
施工: 清水木材
設計: 松本直子/松本直子建築設計事務所
  写真: Koji Kobayashi/SPIRAL
連絡先  
  松本直子建築設計事務所
  代表: 松本直子
  住所: 〒165-0026 東京都中野区新井5-5-10 パークフロント中野新井薬師1304
TEL: 03-3385-6303
FAX: 03-3385-6328
E-MAIL: naoko_m@mwb.biglobe.ne.jp
URL: http://www5b.biglobe.ne.jp
/~macchan/
平面図
おすすめ情報(PR)