TOPLiving Styleこだわりのデザイナーズ住宅

こだわりのデザイナーズ住宅  
 

Back number
■202 建て坪10坪の小さな箱に──無限の広がりを生む光の連鎖
(島田陽/タトアーキテクツ)
■201 格子戸から漏れ入る光──開放性のなかに光と風を生かす
(多羅尾直子/タラオ・ヒイロ・アーキテクツ)
■200 十字型の室内空間を彩る──雰囲気の異なる6つの庭
(山口誠/山口誠デザイン)
■199 せり出した段状の建物で──外と内に緩やかなつながりをもたらす
(井上玄/GEN INOUE)
■198 大小の空間が混在する構成──大きさの違いが接点を生む
(小山光/KEY OPERATION)
■197 車好きな建て主のための──工業製品のような免震住宅
(森村政悦/森村政悦建築設計事務所)
■196 10枚のL字型の壁が点在──居場所が自由に選べる空間
(宮晶子/STUDIO 2A)
■195 手の届きそうな距離感で──人とネコが共存する家
(安藤毅/エアスケープ建築設計事務所)
■194 海の眺めに向かって──景観を絞る筒状の空間
(吉村靖孝/吉村靖孝建築設計事務所)
■193 スキップフロアが生み出す──それぞれの居場所とつながり
(前島周子/SHU一級建築士事務所)
■192 小さな敷地に2つの家──屋内と屋外の新しい関係
(保坂猛/保坂猛建築都市設計事務所)
■191 四周に突き出した芝の屋根──緑に包まれて暮らす
(峯田建+恩田恵以/スタジオ・アーキファーム)
■190 空間とインテリアの相乗効果──住む人の好みが生きる独自の世界
(寳神尚史+田中美香/日吉坂事務所)
■189 多様な床レベルの部屋が交錯する──新しい生活のための“基地”
(光本直人+濱名直子/ミハデザイン)
■188 オープンな室内にコンクリートの柱──自由な空間にほんの少しの不自由を
(福島加津也・冨永祥子/福島加津也+冨永祥子建築設計事務所)
■187 床のレベル差と視線の透過で──緩やかなつながりを生み出す
(北川裕記/北川裕記建築設計)
■186 増改築を繰り返して住み継ぐ──新旧の棟が集まる3世代の家
(高橋元氣+高橋つばさ/三重県伊勢市)
■185 リビングを中心に広がる空間──イラストの夢を膨らませた家
(坪井当貴+坪井一代/坪井当貴建築設計事務所)
■184 都心に住む一家が週末を過ごす──土の手触りがやさしい海の家
(中村拓志/NAP建築設計事務所)
■183 家の中心は開放的なダイニング──縦格子で光の変化をもたらす
(山中祐一郎/S.O.Y.建築環境研究所)
■182 大空間を段差や家具で使い分け──都市型の2世帯住宅
(長崎辰哉/アトリエハレトケ)
■181 “白い箱”の内部は──空に抜けた広がり空間
(井東力+市原香代子/アトリエ スピノザ)
■180 屋内なのに戸外のよう──風通しのいい路地が部屋を結ぶ
(谷尻誠/suppose design office)
■179 空間の“ずらし”が生む──家族間の適度な距離感
(小高由紀子/アトリエODK)
■178 コンクリートと木造の混構造──多彩な「仕掛け」で楽しく住む
(中村和基+出原賢一/LEVEL Architects)
■177 DIYで育てる──ありのままの仕組みを見せた家
(宇野健一+瓦井隆司/アトリエグローカル)
■176 あえて北向きに開いた平屋──景観と家庭菜園を楽しむ
(岩川卓也/岩川卓也アトリエ)
■175 四周をデッキで囲った──洋風縁側の家
(平木繁/シゲルヒラキアーキテクト)
■174 20代の若い夫婦が建てた──子どもとともに育つ家
(大庭明典/大庭建築設計事務所)
■173 雁行した空間と鮮やかな色使いで──“楽しい住まい”に
(井上久実/井上久実設計室)
■172 車好きのためのガレージと──家族の居場所の程よい関係
(松永基/エムズワークス)
■171 “望楼”から得る光と眺望──軒下に抱かれた中庭が内外を結ぶ
(飯塚豊/i+i設計事務所)
■170 1枚の長い壁を2巻き半──裏表異なる仕上げで変化を生む
(中佐昭夫/ナフ・アーキテクト&デザイン)
■169 ねじって建ち上がる形態で──眺望と広がりを得る
(木下昌大/木下昌大建築設計事務所)
■168 塀に守られた庭を眺め──上質素材に包まれて暮らす
(新堀秀一+新堀さおり/nio Architects)
■167 食堂の周りに空間を連ね──要介護の母を見守る
(田中幸子/オープンヴィジョン)
■166 広間を小部屋が囲むプラン──時と人の動きでシーンが移り変わる
(小泉一斉+千葉万由子/Smart Running)
■165 自分でつくり、守り、暮らす──隙(すき)を残した未完の家
(奥野公章/奥野公章建築設計室)
■164 建物全体で音漏れを防ぐ──ダンススタジオ兼用のリビング
(三幣順一/A.L.X.)
■163 コンパクトな生活と適度な負荷で──老後を気持ち良く暮らす
(松浪光倫/松浪光倫建築計画室)
■162 多彩な景色を切り取る──生活の場としての「海辺の家」
(岩間航/岩間航設計事務所)
■161 木のツヤと風のコントロールで──心地良い大空間に
(並木秀浩/ア・シード建築設計)
■160 壁を上に開く「フラップライト」で──密集地の建物に自然光を呼び込む
(河野有悟/河野有悟建築計画室)
■159 「凸」を横にした断面形状──空間のずれが適度な距離感を生む
(古谷清寿+古谷玲子/トルク一級建築士事務所)
■158 低い屋根越しに森を望む──新しい世代の「和」の家
(金子勉/金子勉建築設計事務所)
■157 部屋に囲まれたリビングダイニング──空の見える吹き抜けが家族をつなぐ
(冨永謙/冨永謙建築設計事務所)
■156 建て坪6.5坪に家族4人──緑をまとった極小3階建て
(古見演良/プラステイク)
■155 大空間に2つのコアをはめ込み──多様な場を生み出す
(一條美賀+一條太郎/一級建築士事務所まんぼう)
■154 空に開く凹型の屋根──北向きの中庭に光を呼び込む
(矢敷潤/矢敷潤建築設計事務所)
■153 薪ストーブのある「通り土間」を──生活と機能の中心に据える
松原正明(松原正明建築設計室)
■152 両親の家と「中庭」を共有──日だまりと自然な交流を生む
田口知子(田口知子建築設計事務所)
■151 借景と厚い壁の活用で──狭小敷地を最大限に生かす
上原和(上原和建築研究所)
■150 三方に枝分かれする建物で──内と外の多彩な関係をつくる
桑原茂(桑原茂建築設計事務所)
■149 斜面をまたいで延びる木造建物──内外をつなぐ工夫を随所に
平野恵津泰(ワーク・キューブ)
■148 敷地の高低差を生かして実現した──眺めのいいリビングと愛車用ガレージ
弓場章史(弓場章史建築設計事務所)
■147 床と天井高の変化が示す上下の関係──互いの存在をさりげなく伝える家
相坂研介(相坂研介設計アトリエ)
■146 太陽の光と熱を有効利用──車いすでも快適に暮らせる家
宮崎豊(MDS建築研究所)
■145 広い敷地を切り取り──中庭を囲むプライベート空間を創出
長浜信幸(長浜信幸建築設計事務所)
■144 敷地の極端な変形を逆手に──のびやかで変化のある空間を生む
奥村和幸(奥村和幸建築設計室)
■143 チューブのような一筆書き空間──家並みの続く街に見立てる
飯塚拓生(飯塚拓生アトリエ)
■142 自由な居場所をつくる──樹木のようなユニット
末光弘和+末光陽子(一級建築士事務所SUEP.)
■141 自然に寄り添う段状の家──斜面の先に広がるパノラマ
二瓶渉(アーキエア)
■140 住宅街の奥に静かにたたずむ──空気がゆったり流れる小さな家
今野政彦(今野政彦建築設計事務所)
■139 1階と2階の向きをずらし──外との適度な関係を生む
粕谷淳司+粕谷奈緒子(カスヤアーキテクツオフィス)
■138 らせん階段を納めたガラスの箱で──南面の開口を支えるコートハウス
高野保光(遊空間設計室)
■137 緑道や桜と共にある家──庭を通じて外とつながる
安藤和浩+田野恵利(アンドウ・アトリエ)
■136 鉄板をボルトでつなぐ新工法で──間口の狭い敷地を有効活用
森清敏+川村奈津子(MDS一級建築士事務所)
■135 光と風を導き入れた──京都のモダン町屋
澤村昌彦(澤村昌彦建築設計事務所)
■134 家の中を縦横に走る吹き抜け──上下階を結び、空間を分ける
横田典雄+川村紀子(CASE DESIGN STUDIO)
■133 ロフト、テラス、書斎……──さまざまな居場所を設ける
森吉直剛(森吉直剛アトリエ)
■132 整形の敷地に変形の家──街並みに楽しいすき間を残す
西久保毅人(ニコ設計室)
■131 大空間の“抜け”と囲われた中庭──外部とのつながりを意識した家
河内真菜(河内建築設計事務所)
■130 半地下とロフトと中庭で──小さな家にプラスαの空間を
関本竜太(リオタデザイン)
■129 光の陰影で質感を浮かび上がらせる──和を意識したシンプル空間
猿田仁視(キューボデザイン建築計画設計事務所)
■128 9つのスキップフロアでつなぐ──職住併設の白い箱
柳澤潤(コンテンポラリーズ)
■127 既存の山桜を残して建て替え──中庭を巡って景色が展開する
杉浦英一(杉浦英一建築設計事務所)
■126 スキップフロアの秘密基地──高さと視線の操作で適度な距離感を生む
石井ひろみ(アーキテラス一級建築士事務所)
■125 光を求めるひまわりのように──南に傾いた屋根の全部が天窓
武井誠+鍋島千恵(TNA)
■124 建て主夫妻自ら漆喰仕上げ──愛着の持てる自然素材の家
水口裕之(水口建築デザイン室)
■123 高低差10メートルの崖地に──気負わずに住む「普通の家」
眞田大輔+名和研二(すわ製作所)
■122 道路とリビングを結ぶスロープ──農家のおおらかな空間を再現
高砂正弘(高砂建築事務所)
■121 職住一致の京都の伝統を──今に踏襲する現代の町家
松村佳久男(カクオ・アーキテクト・オフィス)
■120 多様な光が陰影を生む──要素をそぎ落としたピュアな空間
黒崎敏(APOLLO一級建築士事務所)
■119 変形敷地を生かして建つ──森を背にした郊外の家
川辺直哉(川辺直哉建築設計事務所)
■118 トレーニング室とサウナを設置──夫妻が独立した時間を過ごす家
川久保智康(川久保智康建築設計事務所)
■117 先人が使い込んだ古材や古道具──現代の住まいに生かして使う
戸田晃(戸田晃建築設計事務所)
■116 ダイナミックな跳ね出しデザイン──眼前に広がる緑を借景として取り込む
庄司寛(庄司寛建築設計事務所)
■115 窓を隠し、ドアを壁に溶け込ませる──「家らしさ」を消して町に潜む家
川口英俊(アーキテクト・キューブ 一級建築士事務所)
■114 本棚と屋根の“皮膜”で──家族で過ごす時間を包む
八尾廣(八尾廣建築計画事務所)
■113 建て坪わずか11坪弱の3階建て──究極の都市型2世帯住宅
倉田裕之(倉田裕之/建築・計画事務所)
■112 逆S字形に蛇行する筒形空間──2つの大開口で公園につなげる
仲亀清進(仲亀清進建築事務所)
■111 隣家の屋根越しの光を──白壁で受けて住空間を照らす
安井正(クラフトサイエンス)
■110 擁壁から突き出す四角い箱──光の“スロット”で各階をつなぐ
山縣洋(山縣洋建築設計事務所)
■109 機能を兼ねる工夫で──限られた面積に夢を盛る
横関和也+仲條雪(ジャムズ)
■108 緑道に開いたパブリックゾーン──ダイニングキッチンを家の中心に
荘司毅(荘司建築設計室)
■107 単純な四角い箱を2つ連ねて──複雑に変化する景色をつくる
都留理子(都留理子建築設計スタジオ)
■106 木立の中、陰影を楽しむ家──設計・施工一貫でこだわりを実現
宇野友明(宇野友明建築事務所)
■105 風車状に配した「壁柱」──空間を緩く分け、動きをつくる
押尾章治(UA)
■104 全面の窓から緑を取り込む──限られた自然を生かす週末住宅
遠藤克彦(遠藤建築研究所)
■103 プロが提供する入れ物に──建て主が命を吹き込む家づくり
馬場兼伸+古澤大輔(メジロスタジオ)
■102 居場所を生む凹凸空間──ほどよい距離感を保つ家
岸本和彦(アトリエチンク建築研究所)
■101 擁壁を埋めて通りとつながる──ドーナツ状のコートハウス
菅正太郎(すがアトリエ)
■100 オブジェ風のコンクリート階段──要素をそぎ落とした空間のアクセントに
佐藤宏尚(佐藤宏尚建築デザイン事務所)
■99 大空間の中に箱状の小空間──入れ子の構成で多様な場をつくる
渡辺康(渡辺康建築研究所)
■98 家族と子どものリビングを──段違いにつなげる
今永和利(今永環境計画)
■97 造成前に交渉して斜面を残し──雑木林風の景観をつくる
高木恒英(インターセクション)
■96 土間や隣室とひと続きの浴室──癒やしの場を動線の中心に
石井秀樹(石井秀樹建築設計事務所)
■95 豊かな敷地を分割せずに──一族3世帯で住み分ける
山中玄三郎(山中デザイン研究所)
■94 日差しと空気を制御する家──深いひさしと空気をつなぐ吹き抜け
石黒隆康(BUILTLOGIC/ビルトロジック)
■93 展望台をイメージした造形──眼下に田園を見晴らす住まい
長坂大(mega)
■92 コンクリートの門型壁が生む──気配を感じられる空間構成
清水勝広(清水勝広建築工房)
■91 細長い敷地に細く建つ──モニュメントのような都市住宅
新関謙一郎(NIIZEKI STUDIO)
■90 リビングを貫くアカマツの丸桁──明るくおおらかな空間を目指す
松本直子(松本直子建築設計事務所)
■89 日本列島の形で──光と風と緑を呼び込む2世帯住宅
長谷川順持(長谷川順持建築デザインオフィス)
■88 旗ざお状敷地の活用術──2つの階段で奥行き感を生む
石川淳(石川淳建築設計事務所)
■87 仲良し姉妹を見守り育てる──おおらかな2世帯住宅
堀内雪(スタジオCY)
■86 硬い外皮に柔らかな内部空間──場をつくりだす形と素材感
原村智行(エッグスアーキテクツ)
■85 都市に残された緑を満喫する──ガラス張りの家
森山善之(建築設計事務所バケラッタ)
■84 親密さを生む距離感を演出──古本屋のようなライブラリーを持つ家
角倉剛+八尾廣+大野高志
■83 愛車フェラーリと暮らす──デザイナーのSOHO
杉浦宏幸(杉浦事務所)
■82 ベランダに続くらせん階段──街や社会との接点を考える
佐藤重徳(佐藤重徳アトリエ)
■81 屋内でキャッチボール!──長くて高い吹き抜けの家
東 信洋+東 美紀(space fabric)
■80 パズルのように組んだ3世帯の集合体──複数の中庭で光と風を確保
大河内学+郷田桃代(インタースペース・アーキテクツ)
■79 中庭と大小の個性的な出窓で──一年中明るい光を満喫
藤岡 郁(藤岡郁建築設計事務所)
■78 空と竹の風景を楽しむ──田園の中の“火の見やぐら”
山下達朗(プランプラン)
■77 夕闇に浮かび上がる家は──Y字路に建つ街のランドマーク
山本健太郎(Kaデザイン)
■76 傾斜地に浮かんだ船形の家──海を望み、陶芸を楽しむ
米村和夫+米村ふみ子(米村アーキテクツ スタジオ)
■75 幼時から親しんだ野山の──豊かな自然と共存する家
岩佐周明(岩佐設計工房)
■74 階段とデッキで3世帯を結ぶ──将来は左右独立の住戸にも
宮原輝夫(宮原建築設計室)
■73 都会の中心でほっと自分に戻る──光と緑を包み込んだ住まい
廣部剛司(廣部剛司建築設計室)
■72 外と一体化する環境をつくる──“抜け”と奥行きを意識
直井克敏+直井徳子(直井建築設計事務所)
■71 白・黒・グレーの3要素で構成──ポルシェが映えるシンプルな家
中辻正明+中辻雅江(中辻正明・都市建築研究室)
■70 自然とともに生きる家──落葉高木で日差しを調整
井口浩(井口浩フィフス・ワールド・アーキテクツ)
■69 四角い箱の中に波打つ壁──音の響き、光の反射を楽しむ
松野勉・相澤久美(ライフアンドシェルター社+Masahiro Ikeda)
■68 小さな吹き抜けで気配を感じる──細部の工夫を積み重ねた家
本間至(ブライシュティフト)
■67 キッチンを中心に据えた──明るく清潔な子育ての家
田井勝馬(田井勝馬建築設計工房)
■66 空間を「膨らませる」工夫──出窓とロフトを活用した家
山隈直人(kt一級建築士事務所)
■65 部屋と庭が交互に並ぶコートハウス──ふるさとの山を感じて暮らす
柏木学+柏木穂波(カシワギ・スイ・アソシエイツ)
■64 小さいながらも「広い家」──和の味付けもぴりっと効かす
川口とし子(アーキスタジオ川口)
■63 「離れ」で視線を遮り光を導く──中庭は多目的な「外の部屋」
池田勝彦+井手勤(イオンアーキテクツ設計事務所)
■62 高台のデッキや浴室から──阪神間の眺望を楽しむ
大江一夫(マニエラ建築設計事務所)
■61 家族を「守る」、心を「開く」──住宅の基本テーマを両立する
西島正樹(プライム一級建築士事務所)
■60 スキップフロアと吹き抜けで──屋上まで一筆書きにつながる
森信人(スタジオ・ノア)
■59 南だけが開けた密集地の家に──変化に富む景色を描き出す
甲村健一(KEN一級建築士事務所)
■58 1.8メートルの私道に面した──身近なスケール感を生かす
手嶋保(手嶋保 建築事務所)
■57 荒川の景観に向かう斜めの空間──2つの世帯を吹き抜けで結ぶ
駒田剛司+駒田由香(駒田建築設計事務所)
■56 大スパンの木造で──限られた室内に広がりを与える
田中友章(フォルムス)
■55 障害をかかえても暮らしやすい家──アクティブなバリアフリー住宅
吉井歳晴(WIZ ARCHITECTS)
■54 角地に建つ2世帯住宅──窓の大きさで視線と明るさを調整
坂牛卓+木島千嘉(O.F.D.A.)
■53 上空の光を屋内に運ぶ──テラスが宙に浮かぶ家
石原健也(デネフェス計画研究所)
■52 土間や屋上デッキを緩衝帯に──細長い家に光と風を入れる
荒木毅(荒木毅建築事務所)
■51 南の光、北の景色を享受する──2つの顔を持つ住まい
塚田眞樹子(塚田眞樹子建築設計)
■50 光と風をL字型に通す──多機能階段を持つ家
岡村泰之(岡村泰之建築設計事務所)
■49 家の中で戸外の光を楽しむ──ひさしのある3つの庭の家
西田司(オンデザインパートナーズ)
■48 内と外とが一体化するリビングで──イヌとともに過ごす
横山敦士(ヨコヤマデザイン事務所)
■47 用途に対応した2層の空間──上下階で使い分ける医院併用住宅
上田知正+中川陽子(オクトーバー)
■46 RCの基壇部と木造のコンプレックス──半地下リビングの個性的暮らし
二宮博+菱谷和子(ステューディオ2アーキテクツ)
■45 3つのテラスを持つ家──光の庭による内と外の融合
田辺芳生(PRIME/プライム建築都市研究所)
■44 シークエンス豊かな建築を目指す──線、面、光で分節した住空間
布施茂(fuse-atelier)
■43 空と緑を切り取る窓──借景を楽しむシンプルハウス
八島正年+高瀬夕子(八島建築設計事務所)
■42 隣居する両親のための快適住宅──“機能”をそぎ落としたバリアフリー設計
植本俊介(植本計画デザイン)
■41 地下、屋上まで活用する──「立体的ワンルーム」の住まい
山嵜雅雄(山嵜雅雄建築研究室)
■40 狭小敷地に吹き抜けリビングの家──2階テラスは中空の庭
諸角敬(スタジオ A)
■39 「自分らしさ」を描くカンバス──住みながらつくり続ける家
安部良(安部良アトリエ)
■38 空気、熱、自然素材のハーモニー──小さな家を豊かにする知恵
伊礼智(伊礼智設計室)
■37 細長い敷地を縦に分割──四角い筒の家に路地の庭
蜂屋景二+川村則子(bbr)
■36 光がもたらす広がりと立体感──箱空間に多様性を施す
高安重一+添田直輝(アーキテクチャー・ラボ)
■35 土壁がつくる端正な表情──自然素材のモダン住宅
伊藤寛(伊藤寛アトリエ)
■34 しっかりした骨格の中で──しなやかに住みこなす
杉千春+高橋真奈美(プラネットワークス)
■33 高台の眺望を生かす──建築で切り取る3つのシーン
納谷学+納谷新(納谷建築設計事務所)
■32 透かして囲う──格子でつながるまちと住まい
瀬野和広(設計アトリエ)
■31 家族を感じて暮らす──仕切りのない家
難波和彦(界工作舎)
■30 モダンテイストで伝統の住空間──さわやかな光と風、和の質感の調和
川口通正(川口通正建築研究所)
■29 閉じることで得た開放感──変幻自在の外部空間を持つ家
彦根 明(彦根建築設計事務所)
■28 内外の境界を消し去った開口部──空へと広がる住空間
藤原昭夫(結設計)
■27 モダンテイストのローコスト住宅──光が満ちあふれる直線と曲線のフォルム
小林真人(小林真人建築アトリエ)
■26 新発想の現代長屋──敷地から生まれたコーポラティブの新しい形
北山恒(アーキテクチャーワークショップ)
■25 ガラス・カーテンウオールと住宅──建築家と職人のコラボレーション住宅
一級建築士事務所 ファンクアソシエイツ.
■24 古典とモダンの共存──能舞台と茶室のある住まい
大島健二(OCM一級建築士事務所)
■23 ゲストを迎える開放リビングの家──木肌感覚が生きる住空間
中村高淑(unit-H 中村高淑建築設計事務所)
■22 稽古場のあるスキップフロアの家──独立した3つの空間を中庭がつなぐ
安井秀夫(安井秀夫アトリエ)
■21 Less is More──都会の中の静謐(せいひつ)な住空間
今村雅樹(今村雅樹アーキテクツ)
■20 街に浮遊するリビングテラス──垂直志向の店舗付き都市住宅
森裕(森裕建築設計事務所)
■19 日本の伝統を現代風にアレンジ──自然素材を用いた健康によい家
藤本幸充(鎌倉設計工房)
■18 RC3階建ての戸建て住宅──中庭を囲むコの字プラン
大場浩一郎(アトリエスクエア)
■17 沈む夕陽を屋上から眺める家──木の使い方にこだわる住空間
加藤哲也(加藤哲也建築設計事務所)
■16 中庭から光と風を取り込む都市型住宅──ローコストでも質の高い生活空間
松井俊一(松井建築研究所)
■15 陽光を求めた3階リビングの家──らせん階段を透過する都市の光
松葉力(テレデザイン)
■14 パークルームを見せる家──車愛好家が求めた究極の都市住宅
早草睦惠(セルスペースアーキテクツ)
■13 心身を包み込む「エネルギー回復装置」──光と風が通り抜ける吹き抜けリビングの家
原雅之(雅クリエイト)
■12 風と波を感じさせるヨットマンの住まい──可変性に富む二世帯住宅プラン
石井勉(タイム計画研究所)
■11 水回りと個室を家具に見立てて配置──余白は町につながる自由空間
千葉学(千葉学建築計画事務所)
■10 狭い土地に二世帯で住む──縁側は生活を演出する舞台装置
田井幹夫(アーキテクト・カフェ)
■09 光のスクリーンがつつむ家──内と外が融合したシンプルライフ
三山真武(三山真武建築設計室)
■08 回遊を楽しむ一大住空間──変化に自在に対応する「木箱」の家
葛西潔(葛西潔建築設計事務所)
■07 造成地に生まれた浮遊住宅──建物と土地の新しい提案
佐藤光彦(佐藤光彦建築設計事務所)
■06 壁に囲まれた「風の起動器」──光と風、自然と暮らす快適な住空間
岡田哲史(岡田哲史建築都市計画研究所)
■05 自分だけのカフェがある家──コーナーを活用した憩い空間
内海智行(ミリグラムスタジオ 一級建築士事務所)
■04 イベントスペースのある家──ワンルームでプライバシーを確保
みかんぐみ一級建築士事務所
■03 スラット(羽根板)がつくりだす新感覚空間──内と外のボーダーレスな関係
遠藤政樹(EDH遠藤設計室)
■02 町屋をイメージした、風の通る住宅──外風呂のある中庭
手塚貴晴+手塚由比(手塚建築研究所)
■01 フレックス・スペースと前庭テラスの提案──戸建て感覚で個性ある暮らしを実現
郡裕美+遠藤敏也(スタジオ宙)

おすすめ情報(PR)