古民家再生物語
いかしの舎(や)
 この建物は、倉敷に隣接し、伝統的な民家が数多く残る早島町にある。明治から大正期にかけてつくられた旧家(寺山家)は、長屋門、蔵、母屋、離れで構成され、長屋門と蔵は古い街道に面し、歴史的な風景をつくっている。それを私たちは、町のコミュニティー施設として再生した。

 長屋門は、施設全体のエントランスゲートとしての機能を果たすとともに、1、2階の座敷を少人数の集会の場として利用した。蔵は、展示室と喫茶室に改造した。母屋は、講演会や演芸会、文化教室など、多目的な活用を想定したしつらえとしている。離れには、配膳室と洋間があり、縁側を通って茶室へと続く。

 ここでは、歴史ある街で見かける資料館のように、時間を止めて昔のまま保存するのではなく、新しい建築として再生し、多くの人に利用してもらうことによって、建物の良さを理解しながら残していく方法を実践した。

 「五十橿舎(いかしのや)」の名は、岡山市に在住した明治期の歌人、岡直廬(おか・なおり)がここを訪れ、寺山家に対して命名したもので、「盛りに足りておごそか」という意味。
上/再生前の北外観。昔の街道に面して長屋門と蔵が建っていた
下/再生後の長屋門と蔵。蔵のうだつ(※)のトップライトと丸窓は新しく設けた
南からの俯瞰。奧の2階建てが母屋で、うだつのトップライトが見える。手前の離れの一部と裏門には、古いかわらを再利用した。全体は土塀で囲まれている
 
長屋門を入って前庭より母屋を見る。右側が桧皮葺(ひわだぶき)の昔の正式な玄関
上/母屋の土間ホール。再生前は1、2階とも畳の部屋があったが、壁、床、天井を取り払い、吹き抜けのある広い土間とした
下/母屋の座敷。らん間や障子のデザインは細密で美しく、高度な技術が伺える
右は蔵を改装した喫茶室。正面は母屋の和室
母屋と離れを結ぶ廊下。使い込まれた箱階段が、この家の歴史を物語る
上/建物で唯一の洋間。マントルピースやソファは当時のまま。柱や梁にはナグリ仕上げが施してある
下/天井を取り払い、小屋組みを見せた蔵2階の展示室。トップライトを設け、吹き抜けを通して1階の喫茶室にも光を届ける
左/新しくつくった茶室「竹坪庵(ちくへいあん)」。奈良国立博物館にある八窓庵(はっそうあん)の写し

上/四畳台目(しじょうだいもく)の茶室内部。八窓庵を忠実に復元した
うだつ:火災の類焼を防ぐために、屋根の一部を高くしてつくられた防火壁のこと。裕福な家にしかなかったことから、「うだつが上がらない」という言葉が生まれた
建築データ
  名称: いかしの舎(や)
  所在地: 岡山県都窪郡早島町
  発注者: 早島町
  用途: 文化施設(展示室、多目的ルーム、喫茶室、茶室など)
  竣工: 1992年11月
  敷地面積: 1,207.45平方メートル
 
501,77平方メートル
 
654.11平方メートル
  構造・規模: 木造2階建て
  施工: 藤木工務店
造園/新光園
電気・空調・衛生設備/中電工
  設計: 古民家再生工房
  写真: 齋部 功
このウィンドウを閉じる