TOPLiving Style快適リノベLIFE

快適リノベLIFE

老朽化した建物・設備を修繕するリフォームと異なり、リノベーション(リノベ)は自分たちのライフスタイルに合わせて、中古住宅に新たな価値を与える積極的な行為です。スクラップ&ビルドの時代が終わり、中古住宅活用が注目される昨今、リノベーションで納得のわが家を実現した方を紹介します。

009 築44年の団地。古さを生かした住まいは
トレンディドラマのようなかっこよさ

東京都 Sさん 築44年団地

細かく仕切られていた3DKの間取りを、スケルトンの状態にし、長方形の空間を斜めに分割して1LDKにリノベーション。北側(写真手前)のリビング側は部屋の幅を広く、南側(写真奧)のダイニングキッチンは幅を狭くすることで、機能的で奥行き感のある空間を実現。天井のコンクリートや存在感のある梁をあらわにすることで、NYのロフトのような味わいのある空間にした(写真をクリックすると拡大します)

土間
リビング
玄関は半畳もなく、小さな下駄箱がついたつくりだった

玄関の脇には6畳の和室(写真は畳のない状態)と押入れがあった(写真をクリックすると拡大します)

リビングから玄関側を見たところ。赤ちゃんがお昼寝したり、奥さまの家事スペースとなるフレキシブルな空間が広がり、以前からお持ちだったオレンジ色のソファがアクセントになっている。床は木目に風合いのあるミモザの無垢材に蜜蝋を塗って仕上げたもの。壁面収納はこの空間に合わせて造り付けた(写真をクリックすると拡大します)

玄関としての機能だけでなく土間を設け、ご主人の趣味である自転車を置き、整備するスペースとして使用。ざっくりとモノを置いても、それを許容してくれるような無骨な空間だ(写真をクリックすると拡大します)

土間とリビングの間は、ご主人のパソコンスペース。愛車(自転車)を目の前に、楽しく作業ができる(写真をクリックすると拡大します)

東京都住宅共供給公社分譲の3DKにひとめぼれ

 Sさんがマイホームを購入する決意をしたのはお子さんを授かったのがきっかけでした。「それまでは23区内、山の手線内側にある賃貸マンションに住んでいて、とても気に入っていたのですが、家賃と駐車場代を合わせると月々の支払いが20万円をこえてしまって。これから子供が生まれて出費が増えるのに、今のままの住居費は捻出できない。いっそのこと家を購入して住宅ローンを組み、その返済額を現在の家賃より下げるようにしたいと考えたのです」(ご主人)

 そして買うなら2011年中に、とタイムリミットも決めました。「うちはふたりともフリーランスの仕事なので。住宅ローンを組む際には金融機関に過去3年間の収入証明を提出しなければなりません。収入が安定していたのが、2011年だったので、この年にこだわったのです」(ご主人)

 「買うなら2011年に、それが無理なら別の賃貸に住み替える」と決めてすぐに家探しをスタート。インターネットで不動産情報を検索するとともに、建築やインテリアの雑誌で情報を収集。そうしているうちに次第に「うちは新築より、中古&リノベーションだな」と思うようになりました。

 というのもご主人は以前から、ドラマに出てくるような家に住みたいと思っていました。「例えば『ロンバケ』(ロングバケーション・TVドラマ・1996年)」の主人公の瀬名(木村拓哉)が住む家。濃い色の無垢のフローリングに、白いレンガ張りの壁。古さがいい味わいになっていて、ちょっと枯れた無骨な感じが僕好みでした。あんな家、どこにあるんだろうってずっと思っていたんですが、リノベーションを特集する雑誌を見ているうちに、中古の家をリノベーションすれば「瀬名の家」が実現する、と気付いたのです」(ご主人)

 この時点で、中古物件購入&リノベーション、という方向性がほぼ定まったのですが、物件は新築、中古合わせて30軒以上見てまわりました。家探しにあたってのSさんの条件は(1)東京23区内で山手線の西側(2)車とバイクが置ける駐車場があること(3)子供が危なくないように大通りに面していないこと、などでしたが、どこも何かひとつ足りなくて、条件にぴったりの物件は見つかりませんでした。

 半ば諦めかけていたとき、リノベーションコーディネート会社「スタイルアンドデコ」(東京・目黒)が運営するリノベーション情報サイト「EcoDeco」から紹介されたのが、団地の一室。築44年、東京都住宅供給公社分譲の3DKで、新宿にも渋谷にも自転車で15~20分でいける利便の良さをはじめ、Sさんの希望条件をすべて満たしていました。「こんな物件は二度と出てこない!」と、即購入を決定。共益費や修繕積立金も一般のマンションに比べて安く、修繕履歴や理事会がしっかりしている点も、購入を決意する理由になりました。

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

おすすめ情報(PR)