TOPLiving Style快適リノベLIFE

快適リノベLIFE

老朽化した建物・設備を修繕するリフォームと異なり、リノベーション(リノベ)は自分たちのライフスタイルに合わせて、中古住宅に新たな価値を与える積極的な行為です。スクラップ&ビルドの時代が終わり、中古住宅活用が注目される昨今、リノベーションで納得のわが家を実現した方を紹介します。

009 築32年の中古住宅。暗く、風通しの悪いLDKが
見違えるように明るく、開放的に大変身

神奈川県 Kさん 築32年木造一戸建て

キッチンを対面式にし、ダイニングと一体化したDKは東南に位置し、明るく開放的なスペースに大変身。右側は1間の掃き出し窓だったが、高さ220センチメートルの高い窓にし、サッシもフルオープンのものに変更。日がさんさんと入るようになった。正面の高窓はもともとはなかったが、今回のリノベで開口した。白い壁に、クリの無垢板やカウンターの焦げ茶が効果的なアクセントになって、すてきな空間をつくりあげている(クリックすると拡大します)

外観
経年劣化で薄汚れた感じがいなめなかった家の外壁、屋根は瓦だった。駐車スペースには屋根もなく、門まわりも貧相だった(クリックすると拡大します)

外壁は元の塗装を落とした後、モルタルを塗ってから屋外用の塗料を吹き付け。屋根はガリバリウム鋼板に変えた。正面の上から下への柵は窓の防犯とアクセントを兼ねた建築家の意匠。エクステリアは、家の中を暗くしていた木々を伐採。塀を新しくつくり直し、表札まわりはセランカンバツという南洋の木をはり、高級感を演出。門扉は鉄作家につくってもらった。屋根とシャッターを備えたガレージも(クリックすると拡大します)

物件、建築家との
幸運な出会い

「いくつかのすてきな出会いと偶然が重なって、思い描いていた住まいが完成しました」と微笑むKさんご夫妻は、2009年にご結婚。奥さまのご実家が経営する3LDKのマンションに住んでいましたが、当初から自分たちの家を建てたい、と希望。土地を購入して家を新築することになっても、中古住宅を買ってリノベーションすることになっても、どっちでもいい。「両方の可能性を含めて、「いい物件がでたら、連絡して欲しい」と不動産店に頼んでおきました」(ご主人)。条件は東急・田園都市線沿線の物件であり、加えて奥さまの実家になるべく近いこと、だけでした。

 最初のすてきな出会いは1年もたたないうちに訪れました。今の物件が見つかったのです。不動産店の話を聞いて「なかなか良さそう」と思いましたが、現地に実際に行ってみると、まず場所は申し分なく、条件はクリアです。広さは50坪あればいい、と思っていたのですが、73坪もあり、土地の佇まいも気に入りました。建物も築32年のわりには柱などがしっかりしていて、不動産店の人は「まだまだ住めますよ」と言います。Kさんが見ても、リノベーションすれば、いい住まいになりそうな予感。「こんな出物は二度とない!」。心の中ではその場で購入することをほぼ決めていたそうです。「一生で一番高い買い物を、何も妥協することなく買えるなんて、本当に幸運だったと思います」(ご主人)

リビング
【写真上】カーペット張りのリビング。天井が低く、とても暗く感じた。ふすまの奥が和室に(クリックすると拡大します)

ダイニングからリビングをみたところ。右側の壁(ソファの後ろ)を半間、外側にずらし、和室の垂れ壁を撤去して開口部を大きくしたら、見違えるように広くなった。天井は上げていないのに、以前より高く感じるのは、内装の色を濃い茶色と白に統一して、メリハリがきいているのも一因。床はクリの無垢板。「色合いがとても気に入りました。キズがついても目立たないし、使っているうちに、さらに味わいがでてくるんです」とご主人。奥さまの希望で床暖房も施した(クリックすると拡大します)

フローリングの部分は「書斎が欲しい」というご主人の希望を実現するため、増築した部分。本棚は「イケア」製。内装の前に組み立て、がっちりと固定してからすき間を埋める壁工事をしているので、オーダー家具のようにすっきりとおさまっている。(クリックすると拡大します)

「次のすてきな出会いは建築家の豊田健太郎さんに出会ったことです」とご主人。物件購入の次はいよいよリノベーション。不動産店の紹介などで何軒かの工務店から提案を受けましたが、「壁紙はどの壁紙にしますか?」「床材は何をはりますか?」といったただ素材を変える話ばかりで、「ここを、このように直したら……」というような積極的な提案は出てきません。ご夫婦は「自分たちの生活にあった住まいにリノベーションしたいのに、どうしたらいいのだろう」と途方にくれていました。そんなとき、会社の同僚に豊田さんの設計で家を建てた人がいて、その人が豊田さんを紹介してくれたのです。

 初めて会ったときの豊田さんの「予算もあるでしょうが、気持ちよく、お互いが納得したものをつくりましょう」という言葉に、ご主人はホッとするとともに、リノベーションのパートナーを得て、「きっと私たちが思い描いているようないい家ができる」とわくわくした気持ちになりました。豊田さんとは年齢も近く、家族構成も似ていて、ライフスタイルがわかりあえるのも幸運でした。

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

おすすめ情報(PR)