TOPLiving Style快適リノベLIFE

快適リノベLIFE

老朽化した建物・設備を修繕するリフォームと異なり、リノベーション(リノベ)は自分たちのライフスタイルに合わせて、中古住宅に新たな価値を与える積極的な行為です。スクラップ&ビルドの時代が終わり、中古住宅活用が注目される昨今、リノベーションで納得のわが家を実現した方を紹介します。

009 都会的モダンLDKとナチュラルな空間。
ふたつの世界観がある住まい

東京都 仲川さん 築28年マンション

鮮やかなブルーのカーペットが印象的なLDKは、ちょっと昔のモダニズムといったかっこよさを感じる。いかにも都会的な暮らしの舞台という雰囲気だ。キッチンや家具の面材はナラのつき板で統一。カーペットは「サンゲツ」製で素材はウール。手前はリビング続きに設けた小上がりスペース(写真をクリックすると拡大します)

LDK
リビングスペースと6畳間は引き戸で仕切られていた(写真をクリックすると拡大します)

壁際は掘りごたつのようになっていて、座ってパソコンを操作したり、お絵描きをしたり、作業ができるようになっている(写真をクリックすると拡大します)

仕切り戸を取払いLDKと6畳間をワンルーム空間にしたうえで、6畳部分のみ20センチメートルほど高さを上げ、小上がりスペースに。空間は広々とつながっているが、一段高くすることでゾーニングされ、多目的に使われるようになった。将来は子ども部屋に出来る対応も施されている。小上がり部分のカーペットは「サンゲツ」製だが、アクリル素材で、リビングより少し濃いブルーにし、周囲にタイルをあしらった。ガラスブロック部分はバスルームになっている(写真をクリックすると拡大します)

キッチン
キッチンは約3畳。対面式だったが、クローズドタイプだった(写真をクリックすると拡大します)

アイランド部分にダイニングテーブルをつなげた、フルオープンのダイニングキッチンに改造。ナラ材の面材に、黒い人造大理石のカウンタートップのつくりで家具のように美しい。床にはブラックスレートという石を敷いた。アイランドに角度をつけたのは、ガス台の後ろを広く使えるように、という使い勝手と、空間にアクセントをつけるという2つの理由から。「料理をしながら、子供の様子がわかるし、できた料理をすぐテーブルに出せるので、とても使いやすいです」と奥さま(写真をクリックすると拡大します)

揚げ物をするときなどは、薄い鉄板を立てて、油はねを防止(写真をクリックすると拡大します)

掃き出し窓の前にタイルをはり、インナーテラスに。外部空間を室内に取り入れ、広く感じさせる効果がある。愛犬のトイレ置き場にも(写真をクリックすると拡大します)

ブルースタジオに
物件探しから依頼

 結婚して3年。石神井公園に近い賃貸マンションに住んでいた仲川さん。2012年1月、お子さんが保育園に入ったのを機に自分の家を持って、定住したいと思うようになりました。「これから、子供が幼稚園、小学校に上がると、転校の問題などで引っ越しがしにくくなるでしょう。だからその前に落ち着いてしまった方がいいと思ったんです」と、ご主人。2年くらいかけてゆっくりと納得がいく物件を探すことができれば、くらいのつもりでした。

 条件は石神井公園になるべく近いこと。そしてマンションより中古の一戸建てを中心に探していました。「新築は頭になかったですね。形が決まっていて、それに合わせて暮らさなくてならないのはイヤだったんです。自分たちのライフスタイルにあった家に住みたかった。だからリノベーションをすることを前提に中古物件に絞って探しました」(ご主人)

 転機になったのが2012年7月。リノベーションを得意とする建築事務所・ブルースタジオ(東京都中野区)の個別相談の予約がとれ、話を聞きに行くことになったのです。「ブルースタジオは10年も前にウェブサイトで施工例を見て、その後も定期的にチェックしつつ、いつかこんなところに住めたら、と私の憧れの建築事務所でした。でも、まだ、リノベーションする物件が見つかったわけでもないし、多分予算もあわないだろう、と思い、とにかく話を聞くだけのつもりで出掛けたんです」とご主人は言います。

 ここでご夫婦は、ブルースタジオがリノベーションの設計だけでなく、不動産の仲介まで手掛けていることを知ります。「リノベーションを成功させるためには、何がチェックポイントになるのか、ということを知り尽くしたうえで物件を探してくれる。これはとても心強いと思いました。それで、物件探しから仲介、そしてリノベーションの設計まで、一括してお願いすることにしたのです」(ご主人)。幸い、予算のほうも、何とかなりそうな金額でした。

 さらに、木造の一戸建てよりもRC構造のマンションのほうが、自由に空間を変えやすく、リノベーションの醍醐味が味わえるとの説明を受け、中古一戸建てから中古マンションに的を変えることに。地域としては、東京・練馬の石神井公園を中心に、隣接する地域の大泉学園、高野台まで広げて探すことにしました。そして9月、高野台に今回のリノベーションの舞台となるマンションが見つかったのです。

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

おすすめ情報(PR)