TOPLiving Style快適リノベLIFE

快適リノベLIFE

048 廊下のない間取りやロフト、高天井のリビング
マンションとは思えない空間を実現しました

神奈川県 Tさん 築27年鉄筋コンクリート造

 

玄関からLDKへ向かう細長い廊下(写真をクリックすると拡大します)
フリースペース

玄関を入るとすぐにフリースペースが広がり、中央に家族みんなで使える細長い机を設けている。大きな家具を搬入する際には机を移動することができる。カーテンの奥は寝室(写真をクリックすると拡大します)

 

フリースペースは玄関とLDKを結ぶ廊下の機能を併せ持つ。天井の色はLDKと連続性をもたせる若草色に(写真をクリックすると拡大します)

大きな鏡で広さが感じられる洗面・脱衣室。洗面カウンターは人造大理石のカウンターに洗面器を設えたシンプルなつくりで、下部はオープンになっている(写真をクリックすると拡大します)

洗面・脱衣室の片隅に設けた奥さまの化粧コーナー。鏡付きのミニドレッサーが壁に設けた凹みにぴったり収められている(写真をクリックすると拡大します)

 

想定外の高天井から生まれた
ロフトのある間取り

 リノベーションを前提に15戸の部屋が分譲された今回のプロジェクト。Tさんが選んだのは1階の角部屋でした。高台の傾斜地に建つこのマンションは、1階の部屋はエントランスより階下にあります。そして1階だけに庭が付いています。「上の階は眺望がいいのですが、もともと高台に建っているので、1階でもまわりから圧迫感を受けることがありません。庭が付いているのと、リビング部分の天井高が、他の階の部屋よりも少し高かったのが気に入って決めました」(ご主人)

 もともとの間取りは6畳の和室に2室の洋室がある3LDK。細長い廊下が中央にあり、それを取り囲むように居室が並ぶ、ごく一般的なファミリータイプのマンションの間取りでした。奥さまは表計算ソフトのエクセルを駆使して、希望の間取りを製作し、大野さんに渡しました。「廊下は通り抜けるしか機能がないから無駄なスペース。廊下のない間取りを考えていました。また、上がベッドで下が収納、そんな感じの寝室をイメージしていました」(奥さま)

 大野さんは「実は建築図面をよく見てみると、このマンションは1階と2階の間に、隠れた空間のあることがわかったのです」と話します。「リビングダイニングの上はもとより、和室、2室の洋室の上も既存の天井を撤去すると、とても高い空間が広がっているのです。Tさんはこのことを知らずに、この部屋を購入したと思うのですが、とてもラッキーでしたね。この天井の高さを有効に使うプランを提案しました」

 こうして生まれたのが現在の間取りです。玄関を入ってすぐ目の前に広がるのが、真ん中に細長いデスクを設えたフリースペース。そのサイドにカーテンで仕切っただけの寝室が2室とご主人の趣味のドラムを置いた趣味コーナーが並びます。フリースペースを抜けると、天井の高い開放的なLDKが。そして寝室と趣味室の上には、広々としたロフトが広がっています。

  • back

関東販売前おすすめ物件特集

関西販売前おすすめ物件特集

おすすめ情報(PR)