TOPLiving Style路地裏の極上住宅

優れた住宅をつくろうとするとき、その原動力になるのは、建て主が見せる強い意欲とパワーであり、建築家が示す熱いスピリットとアイデアである。東京において、極上住宅は路地裏に生まれ、育ち、鍛えられてきた。これは、路地裏で身を粉にしてきた建築家が、活動の舞台を表通りにまで広げ、さらなる極上住宅をつくろうとする物語である。

「デザインマネジメント」 ~マネジメントという極上~

「アトリエ派」から「マネジメント派」へ

 デザイン(意匠)に特化した設計事務所は、大きな集団で設計を行う「組織派」に対して「アトリエ派」と称されることがあります。事務所のシンボルである建築家による独創的なデザインを武器に、独自の設計活動を展開するその様子が、美術家に近いことから、そう呼ばれてきました。

 それは住宅のデザインにおいても例外ではありません。一般的に建築家は建て主のために家を設計しますが、同時に社会性や作品性も世に問われ、責任を負うことになります。

 建て主の土地に、建て主の事情で、建て主の資金により、建て主の生活の器をつくりますから、あらゆる判断は建築家の独断ではなく、建て主との同意が前提になります。中には「建築家が考えた作品に住みたい」というコレクターのような建て主もいますが、限りなく少数派であることは間違いありません。

敷地や予算、要望など、様々な条件の下、オンリーワンの住宅が完成する(写真、西川公朗)

 雑誌やインターネットメディアが急激に進化したため、建て主の情報量は格段に増え、まるで結婚相手を探すかのように、考え方に共感できる建築家を求めるようになりました。建て主は「建築家に作品をつくっていただく」という丁重な姿勢ではなく、「建築家と二人三脚で夢を実現したい」というある種の協働志向が強くなってきたといえるでしょう。

 そのため、「アトリエ派」の建築家の役割にも徐々に変化が見られるようになりました。デザインされた住宅を相手に単に提供するという上からの目線ではなく、建て主といかに呼吸を合わせながらバランスの取れた成果を残すかという横並びの目線が、建築家には求められています。

 つまり建築家と建て主の関係は、一つの目標を共有し、総合的デザインマネジメントの下で理想の住宅を生み出すものへ進化した、といえるでしょう。単に設計するだけではなく、完成するまでの全プロセスを、デザインを切り札にインテグレート(統合)していくのが、新しい建築家の役割だといえます。

各段階での目標やゴールのイメージを共有し、ロードマップを提示するのは建築家の役割である(写真、西川公朗)

建て主との打ち合わせを繰り返すことによって、建築家は一つの答えを導き出していく(写真、西川公朗)

 我々はこのようなスタンスで設計活動行う建築家を、これまでの「アトリエ派」に対して、「デザインマネジメント派」と呼んでいます。与条件を深く観察し、家づくりという目標を建て主と共有しながら、美しくマネジメントする。建築家ひとりで考えるものではなく、建て主とともに互いに協働する姿勢こそが「デザイン」であり、そうすることで、結果として空間に個性が宿り、人々に愛着が生まれるのです。

 いまや住宅デザインは成熟期に突入しており、建築家がデザインだけで成立できる時代はもはや終わりを告げています。社会や個人、環境に違和感を生み出す一方的なデザインは求められていません。現代に求められるのは、抑制された美意識を持つ究極のバランスであり、それこそ、デザインマネジメントの基本となる概念です。

 我々の設計活動においても、極上住宅をつくり上げる過程では「デザインマネジメント」の手法を用いながら、丁寧に取り組んできました。今回は具体的な手法を紹介しながら、この「デザインマネジメント」の真髄に迫っていきたいと思います。

的確なコミュニケーションを図り、マネジメントを行うことによって、理想的な住宅は実現する(写真、西川公朗)

おすすめ情報(PR)